>   論語   >   里仁第四   >   9

里仁第四 9 子曰士志於道章

075(04-09)
子曰。士志於道。而恥惡衣惡食者。未足與議也。
いわく、みちこころざして、悪衣あくい悪食あくしょくずるものは、いまともはかるにらざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「真理を求める人が、着物くい物を気にしては、話せるとはいえないな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「いやしくも道に志すものが、粗衣粗食を恥じるようでは、話相手とするに足りない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 士 … ここでは「道を志し、学問修養をしている者」程度の意。
  • 而 … ~でありながら。
  • 悪衣悪食 … 粗末な着物と粗末な食事。粗衣粗食。
  • 未足 … まだ十分でない。「未」は再読文字。「いまだ~(せ)ず」と読む。否定の意を示す。
  • 与 … 共に。友人となって一緒に。
  • 議 … 語り合う。
  • 也 … 「なり」と読み、「~である。~なのだ」と訳す。説明して断定する意を示す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十