>   論語   >   里仁第四   >   9

里仁第四 9 子曰士志於道章

075(04-09)
子曰、士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。
いわく、みちこころざして、あくあくしょくずるものは、いまともはかるにらざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「真理を求める人が、着物くい物を気にしては、話せるとはいえないな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「いやしくも仁義道徳の学に志すほどの者が、衣服や食事があくなことをじょくとするようでは、共に道を論ずる資格がないぞよ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「いやしくも道に志すものが、粗衣粗食を恥じるようでは、話相手とするに足りない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 士 … 本来は卿・大夫・士の士で、中堅の役人層を指すが、ここでは、道を志し、学問修養をしている者くらいの意。
  • 而 … ~でありながら。
  • 悪衣悪食 … 粗末な着物と粗末な食事。粗衣粗食。
  • 未足 … まだ十分でない。「未」は再読文字。「いまだ~(せ)ず」と読む。否定の意を示す。
  • 与 … 共に。友人となって一緒に。
  • 議 … 「する」と読んでもよい。語り合う。議論する。道を論ずる。荻生徂徠は政を論ずると解釈する。
  • 也 … 「なり」と読み、「~である。~なのだ」と訳す。説明して断定する意を示す。
補説
  • 『集解』には、この章の注なし。
  • 士志於道、而恥悪衣悪食者、未足与議也 … 『義疏』に「若し道に志さんと欲して悪衣悪食を恥ずる者は、此れ則ち是れ志無きの人なり。故に与に共に道を謀議するに足らざるなり。一に云う、其れと共に仁義を行う可からざるなり。李充曰く、夫れ形骸の内を貴ぶ者は、則ち其の形骸の外を忘る。是を以て昔の有道の者、有為の者は、乃ち家人をして其の貧を忘れしめ、王公をして其の栄を忘れしむ。而るを況んや衣食をや」(若欲志於道而恥惡衣惡食者、此則是無志之人。故不足與共謀議於道也。一云、不可與其共行仁義也。李充曰、夫貴形骸之内者、則忘其形骸之外矣。是以昔之有道者有爲者、乃使家人忘其貧、王公忘其榮。而況於衣食也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「心、道を求めんと欲して、口体の奉の人に若かざるを以て恥と為すは、其の識趣の卑陋甚だし。何ぞ与に道を議するに足らんや」(心欲求道、而以口體之奉不若人爲恥、其識趣之卑陋甚矣。何足與議於道哉)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』に引く程頤の注に「道に志してこころ外に役せらるるは、何ぞ与に議するに足らんや」(志於道而心役乎外、何足與議也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「士として道に志し、其の心既にむかう所を知る。而るに又た悪衣悪食を恥ずれば、則ち其のついには必ず道をげ物にしたがうに至る。其の与に道を議するに足らざることひっせり」(士而志于道、其心既知所嚮矣。而又恥惡衣惡食、則其終必至於枉道殉物。其不足與議道也必矣)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「内則だいそくに、四十にして始めて仕う。ことあたりて謀を出だしおもんぱかりをおこす、と。此れ士の職として、与に政を議するを得たり。未だ与に議するに足らざる者は、士と為すに足らざるなり。……朱註に、道をはかる、と。士いずくんぞ道を議するを得んや」(内則、四十始仕。方物出謀發慮。此士之職、得與議政。未足與議者、不足爲士也。……朱註、議於道。士安得議於道乎)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十