>   論語   >   里仁第四   >   8

里仁第四 8 子曰朝聞道章

074(04-08)
子曰。朝聞道。夕死可矣。
いわく、あしたみちかば、ゆうべすともなり。
現代語訳
  • 先生 ――「真理がきけたら、その日に死んでもいい。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「朝のうち人の道を学び得たら、夕方死んでもよろしい。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「朝に真実の道をきき得たら、夕には死んでも思い残すことはない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 朝・夕 … 時間が短いことを示す。「朝」は「あした」と読み、「夕」は「ゆうべ」と読む。
  • 聞 … 「きては」と読んでもよい。
  • 道 … 人間としての正しい生き方。人の道。仁の道。朱子は「道とは事物当然の理なり」(道者、事物當然之理)と注している。
  • 可 … よろしい。悔いることはない。
  • 矣 … 置き字。読まない。強い断定の意を表す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十