>   論語   >   陽貨第十七   >   24

陽貨第十七 24 子貢曰君子亦有惡乎章

458(17-24)
子貢曰。君子亦有惡乎。子曰。有惡。惡称人之惡者。惡居下流而訕上者。惡勇而無禮者。惡果敢而窒者。曰。賜也亦有惡乎。惡徼以爲知者。惡不孫以爲勇者。惡訐以爲直者。
こういわく、くんにくむことるか。いわく、にくむことり。ひとあくしょうするものにくむ。りゅうかみそしものにくむ。ゆうにしてれいものにくむ。かんにしてふさがるものにくむ。いわく、にくむことるか。かすめてもっものにくむ。そんにしてもっゆうものにくむ。あばいてもっちょくものにくむ。
現代語訳
  • 子貢 ――「よくできた人にもにくしみがありますか。」先生 ――「にくむことがある。わるい点をいいふらす者をにくむ。下っぱのくせに上の人をそしる者をにくむ。元気ばかりでつつしみのない人をにくむ。向こう気ばかり強くてお先まっくらなのをにくむ。」――「賜くん、きみもにくむことがあるかね。」――「情報を知識と思う人をにくみます。反抗するのが勇気だと思う人をにくみます。秘密をあばいて公平ぶる人をにくみます。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢がたずねた。――
    「君子も人を憎むということがありましょうか」
    先師がこたえられた。
    「それはあるとも。他人の悪事をいい立てるものを憎むのだ。下位にいて、上をそしる者を憎むのだ。勇のみあって礼のないものを憎むのだ。思いきりがよくて道理にもとるものを憎むのだ」
    それから、子貢にたずねられた。――
    「お前にも憎む人があるのか」
    子貢がこたえた。――
    「先まわりして物事をさぐっておいて、知ったかぶりする者を憎みます。傲慢不遜を勇気だと心得ている者を憎みます。人の秘密をあばいて正直だと思っている者を憎みます」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
補説
  • 子貢曰 … 『義疏』では「子貢問曰」に作る。
  • 徼 … 『義疏』では「撽」に作る。
  • 知 … 『義疏』では「智」に作る。
  • 孫 … 『義疏』では「遜」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十