>   論語   >   里仁第四   >   4

里仁第四 4 子曰苟志於仁矣章

070(04-04)
子曰。苟志於仁矣。無惡也。
わく、いやしくもじんこころざせば、しきこときなり。
現代語訳
  • 先生 ――「人物になる気なら、悪事はできぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「志がたえず仁に向ってさえおれば、過失はあっても悪を行なうことはない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 苟 … 仮定の助字。『集解』には「苟は誠なり」とあり、「マコトニ」と読む。伊藤仁斎は「イヤシクモ」と読み、「かりそめにも」の意に解している(論語古義)。
  • 無悪 … 悪事は無くなる。伊藤仁斎は「ニクマルルコトナシ」と読み、「人から憎悪されない」と解釈している(論語古義)。
  • 宮崎市定は「いやしくも仁に志さば、にくむなきなり」と訓読し、「いったん修養しようと決心した以上、人を毛嫌いしてはならぬ」と訳している(論語の新研究)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十