>   論語   >   為政第二   >   8

為政第二 8 子夏問孝章

024(02-08)
子夏問孝。子曰、色難。有事、弟子服其勞、有酒食、先生饌。曾是以爲孝乎。
子夏しかこうう。いわく、いろかたし。ことれば、ていろうふくし、しゅれば、先生せんせいせんす。すなわここもっこうさんや。
現代語訳
  • 子夏が孝行についてきく。先生 ――「態度がだいじだ。用のあるとき、若いものが手つだい、ごちそうがあれば目上にあげる、そんなことで孝行になるかね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子夏が孝を問うた。孔子様がおっしゃるよう、「骨折り仕事があれば年寄りにさせないで若い者が引受け、ごそうがあれば親たちにさしあげる。もちろんけっこうなことだが、それだけで孝行といえるだろうか。その時の顔つきがむずかしいぞ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子夏しかが孝の道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
    「むずかしいのは、どんな顔つきをして仕えるかだ。仕事は若いもの、ご馳走は老人と、型どおりにやったところで、それに真情がこもらないでは孝行にはなるまい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子夏 … 姓はぼく、名は商、あざなは子夏。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 色難 … 「色」は、顔色・表情。『集解』では「色」を親の顔色とし、「父母の顔色を見て、気に入るようにつかえることは難しい」とする。『集注』では「色」を自分の顔色とし、「いつも自分の顔色を和らげて父母に事えることは難しい」とする。原文は「補説」参照。
  • 事 … 仕事。ここでは骨の折れる仕事。
  • 弟子 … ここでは若者・年少者。
  • 服 … 従事する。
  • 労 … 労働。労力。労苦。
  • 酒食 … 酒とめし。「食」は『経典釈文』に「食は、音」(食、音嗣)とあり、「し」と発音する。『経典釈文』(早稲田大学図書館古典籍総合データベース)参照。「しょく」と読むと食べ物の意になる。
  • 先生 … ここでは先に生まれた人。年長者・父兄。
  • 饌 … 食事をすすめる。
  • 曾 … 「すなわち」と読み、「まさか~ではあるまい」「よもや~ではあるまい」と訳す。反語の意を示す。また「かつて」と読む説もあるが、ここでは採らない。荻生徂徠は「乃と訓ずるを是と為す」と言う。詳しくは「補説」参照。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「こういうわけで」「このゆえに」「それゆえに」「だから」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」「これを用いて」と訳す。
  • 乎 … 「か」「や」と読み、「~であろうか」と訳す。
補説
  • 子夏 … 『史記』弟子伝に「卜商あざなは子夏。孔子よりわかきこと四十四歳」(卜商字子夏。少孔子四十四歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 色難 … 『集解』に引く包咸の注に「色難しとは、父母の顔色を承望すること乃ち難しと為すを謂うなり」(色難、謂承望父母顏色乃爲難也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「答うるなり。色は、父母の顔色を謂うなり。言うこころは孝を為すの道は、必ず須らく父母の顔色をしょうほうすべし。此の事難しと為す。故に曰く、色難し、と」(答也。色謂父母顏色也。言爲孝之道必須承奉父母顏色。此事爲難。故曰、色難也)とある。承奉は、人の意を受け事える。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「色難しは、親に事うるの際、惟だ色を難しと為すを謂うなり」(色難、謂事親之際、惟色爲難也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 有酒食 … 『集注』に「食は、飯なり」(食、飯也)とある。
  • 先生饌 … 『集解』に引く馬融の注に「先生とは、父兄を謂う。饌は、飲食なり」(先生、謂父兄。饌、飮食也)とある。また『義疏』に「先生は、父兄を謂うなり。饌は、猶お飲食のごときなり。言うこころは若し酒食有れば、則ち弟子敢えて飲食せずして、必ず以て飲食を父母に供するなり」(先生、謂父兄也。饌、猶飮食也。言若有酒食、則弟子不敢飮食、必以供飮食於父母也)とある。また『集注』に「先生は、父兄なり。饌は、之を飲食せしむるなり」(先生、父兄也。饌、飮食之也)とある。
  • 曾 … 『義疏』および『集注』に「曾は、猶おしょうのごときなり」(曾、猶嘗也)とある。また『注疏』に「曾は、猶お則のごときなり」(曾、猶則也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 曾是以為孝乎 … 『集解』に引く馬融の注に「孔子、子夏をさとして曰く、労に服し先に食す、汝此を謂いて孝と為すか。未だ孝と為すに足らざるなり。父母の顔色に承順して、乃ち孝と為すのみなり、と」(孔子喩子夏曰、服勞先食、汝謂此爲孝乎。未足爲孝也。承順父母顏色、乃爲孝耳也)とある。また『義疏』に「言うこころは人の子弟労を先にし食を後にすと為す。此れ乃ち是れ人子、人弟の常事なり。最も処し易きのみ。誰か嘗て此を孝と為すと謂わんや。孝に非ざるを言うなり」(言爲人子弟先勞後食。此乃是人子、人弟之常事。最易處耳。誰嘗謂此爲孝乎。言非孝也)とある。また『集注』に「蓋し孝子の深愛有る者は、必ず和気有り。和気有る者は、必ず愉色有り。愉色有る者は、必ず婉容有り。故に親に事うるの際、惟だ色を難しと為すのみ。労に服し養を奉るは、未だ孝と為すに足らざるなり。旧説に、父母の色に承順するを難しと為す。亦た通ず」(蓋孝子之有深愛者、必有和氣。有和氣者、必有愉色。有愉色者、必有婉容。故事親之際、惟色爲難耳。服勞奉養、未足爲孝也。舊說、承順父母之色爲難。亦通)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「親に事うるの道、愛敬を本と為す。然れども敬は猶お或いは勉めて能くす可し。愉色に至りては、則ち誠に深愛有りて、終始衰えざる者に非ざれば、能わず。故に曰く、色難し、と。……道愈〻いよいよ虚なれば、則ち言愈〻高し。徳愈〻実なれば、則ち言愈〻卑し。自然の符なり。故に天下の言、能く其の高きを為すことを得て、卑しきを為すこと能わざるは、其の徳無ければなり。武伯孝を問う以下三章の若き、天下の言、此より卑しきは莫く、亦た此より実なるは莫し。惟だ孔子能く之を言いて、他人の言うこと能わざる所なり。聖言せいげんたる所以なり」(事親之道、愛敬爲本矣。然敬猶或可勉而能。至於愉色、則非誠有深愛、而終始不衰者、不能。故曰、色難。……道愈虚、則言愈高。德愈實、則言愈卑。自然之符也。故天下之言、得能爲其高、而不能爲卑、無其德也。若武伯問孝以下三章、天下之言、莫卑於此、亦莫實於此。惟孔子能言之、而他人之所不能言焉。所以爲聖言也)とある。聖言は、聖人の言葉。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「色難しは、朱註に戴記を引けるをまされりと為す。包咸謂う、父母の顔色を承順すること、乃ち難しと為す、と。何を以て承順の意を見んや。皇疏に、曾は猶おしょうのごときなり、と。古者いにしえ曾は皆だいと訓ず。而して嘗と訓ずるは唯だ墨子に之れ有り。文の意を味わうに、乃と訓ずるを是と為す」(色難、朱註引戴記爲勝。包咸謂、承順父母顏色、乃爲難。何以見承順之意矣。皇疏、曾猶嘗也。古者曾皆訓乃。而訓嘗者唯墨子有之。味文意、訓乃爲是)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十