>   論語   >   為政第二   >   4

為政第二 4 子曰吾十有五章

020(02-04)
子曰。吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲。不踰矩。
いわく、われじゅうゆうにしてがくこころざす。三十さんじゅうにしてつ。じゅうにしてまどわず。じゅうにして天命てんめいる。六十ろくじゅうにしてみみしたがう。七十しちじゅうにしてこころほっするところしたがいて、のりえず。
現代語訳
  • 先生 ――「わしは十五で学問を思いたち、三十で一人まえ、四十で腹がすわり、五十で運命を知り、六十で分別ができ、七十では気ままをしてもワクにはまっていた。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「私は十五歳で学問に志した。三十歳で自分の精神的立脚点を定めた。四十歳で方向に迷わなくなった。五十歳で天から授かった使命を悟った。六十歳で自然に真理をうけいれることができるようになった。そして七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 十有五而 … 「有」は「ゆう」と発音・意味ともに同じ。「十と五歳」「十とまた五歳」の意。「而」は置き字。読まないが「にして」と送り仮名を補う。
  • 于 … 前置詞。「~に」と読む。『義疏』では「於」に作る。
  • 学 … 学問。
  • 立 … 学問の基礎が確立する。
  • 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。
  • 天命 … 天から与えられた運命。天が与えた使命。
  • 耳順 … 自分と反対の意見を聞いても、反発を感じなくなり、心に余裕が出てきた。
  • 心所欲 … 心が欲するそのもの。心が欲するそのこと。「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。「場所」の意味ではない。
  • 踰 … (道理を)ふみはずす。
  • 矩 … 一定の規準。規範。道理。
  • この孔子の言葉から、十五を「志学しがく」、三十を「而立じりつ」、四十を「不惑ふわく」、五十を「知命ちめい」、六十を「耳順じじゅん」、七十を「従心じゅうしん」というようになった。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十