>   論語   >   為政第二   >   4

為政第二 4 子曰吾十有五章

020(02-04)
子曰、吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。
いわく、われじゅうゆうにしてがくこころざす。三十さんじゅうにしてつ。じゅうにしてまどわず。じゅうにして天命てんめいる。六十ろくじゅうにしてみみしたがう。七十しちじゅうにしてこころほっするところしたがいて、のりえず。
現代語訳
  • 先生 ――「わしは十五で学問を思いたち、三十で一人まえ、四十で腹がすわり、五十で運命を知り、六十で分別ができ、七十では気ままをしてもワクにはまっていた。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「自分は十五歳の時本式の学問に志したが、三十歳のころには自ら守るところができてシッカリと立てるようになった。四十歳になると判断が明らかになり、どんな問題が起ってもまどわぬところまでいった。五十歳に至り自分に対する天の使命を知り得て、いわゆる安心あんしん立命りつめいの域に到達した。六十歳にもなるとスッカリ円熟し、人の言葉がすなおに耳に入って心にさからわぬようになった。そして七十歳になってはじめて、したい放題ほうだいのことをしても脱線しないようになったのだよ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「私は十五歳で学問に志した。三十歳で自分の精神的立脚点を定めた。四十歳で方向に迷わなくなった。五十歳で天から授かった使命を悟った。六十歳で自然に真理をうけいれることができるようになった。そして七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 十有五而 … 「有」は「ゆう」と発音・意味ともに同じ。「十と五歳」「十とまた五歳」「十そして五歳」の意。「而」は置き字で読まないが、「にして」と送り仮名を補う。
  • 于 … 前置詞。「~に」と読む。
  • 学 … 学問。
  • 立 … 学問の基礎が確立する。
  • 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。
  • 天命 … 天から与えられた運命。天が与えた使命。
  • 耳順 … 自分と反対の意見を聞いても、反発を感じなくなり、心に余裕が出てきた。
  • 心所欲 … 心が欲するそのもの。心が欲するそのこと。「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。「場所」の意味ではない。
  • 踰 … (道理を)ふみはずす。
  • 矩 … 一定の規準。規範。道理。
補説
  • この孔子の言葉から、十五歳を「がく」、三十歳を「りつ」、四十歳を「わく」、五十歳を「めい」、六十歳を「じゅん」、七十歳を「じゅうしん」と呼ぶようになった。
  • 吾十有五而志于学 … 『義疏』では「吾十有五而志於学」に作り、「此の章は孔子聖を隠して凡に同じきを明らかにす。学ぶに時節有り。少より老におよぶまで、皆な物を勧むる所以なり。志とは、心に在るのいいなり。孔子言う、我年十五にして学心に在るなり。十五は是れ成童の歳、識慮しきりょ堅明なり。故に始めて此の年にして学に志すなり」(此章明孔子隱聖同凡。學有時節。自少迄老、皆所以勸物也。志者在心之謂也。孔子言我年十五而學在心也。十五是成童之歲、識慮堅明。故始此年而志學也)とある。識慮は、見識と思慮。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「いにしえは十五にして大学に入る。心のく所は、之を志と謂う。此に謂う所の学は、即ち大学の道なり。此に志せば、則ち念念此に在りて、之を為していとわず」(古者十五而入大學。心之所之、謂之志。此所謂學、即大學之道也。志乎此、則念念在此、而爲之不厭矣)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 三十而立 … 『集解』の何晏の注に「成立する所有り」(有所成立)とある。『論語集解』(早稲田大学図書館古典籍総合データベース)参照。また『義疏』に「立は、学ぶ所の経業の成り立つを謂うなり。古人は三年にして一経を明らかにす。十五より三十に至る、是れ又た十五年なり。故に五経の業に通ず。成立する所以なり」(立謂所學經業成立也。古人三年明一經。從十五至三十、是又十五年。故通五經之業。所以成立也)とある。また『集注』に「以て自ら立つこと有れば、則ち之を守ること固くして、志を事とする所無し」(有以自立、則守之固、而無所事志矣)とある。
  • 四十而不惑 … 『集解』に引く孔安国の注に「疑惑せず」(不疑惑)とある。また『義疏』に「惑は疑惑なり。業成りて後已に十年、故に惑う所無きなり。故にそんしゃく云う、四十強にして仕う。業通じて十年、経明らかにして行い修まり、徳身にせいす。おしえ邦家にあまねく、之を以て政にのぞめば、以て疑い惑うこと無かる可きなり、と」(惑疑惑也。業成後已十年、故無所惑也。故孫綽云、四十強而仕。業通十年、經明行修、德茂成於身。訓洽邦家、以之莅政、可以無疑惑也)とある。茂成は、茂り太ること。また『集注』に「事物のまさに然るべき所に於いて、皆な疑う所無ければ、則ち之を知ること明らかにして、守るを事とする所無し」(於事物之所當然、皆無所疑、則知之明、而無所事守矣)とある。
  • 五十而知天命 … 『集解』に引く孔安国の注に「天命の終始を知る」(知天命之終始)とある。また『義疏』に「天命は窮通の分を謂うなり。天を謂いて命と為すは、言うこころは、人天の気をけて生ず。此れ窮通を得るなり。皆な天の命ずる所に由るなり。天本と言無し。而るに命ずる所有りと云えるは、之を仮りて言うなり。人の年未だ五十ならざれば、則ち猶おほしいままくわだててはて無きこと有り。五十に至るに及びて始めて衰うれば、則ち自ら已の分の可否を審らかにするなり」(天命謂窮通之分也。謂天爲命者、言人稟天氣而生。得此窮通。皆由天所命也。天本無言。而云有所命者、假之言也。人年未五十、則猶有横企無厓。及至五十始衰、則自審已分之可否也)とある。また『集注』に「天命は、即ち天道の流行して物に賦する者なり。乃ち事物の当に然るべき所以の故なり。此を知るは、則ち知其の精を極めるなり。而して惑わざることは、又た言うに足らず」(天命、即天道之流行而賦於物者。乃事物所以當然之故也。知此、則知極其精。而不惑、又不足言矣)とある。
  • 六十而耳順 … 『集解』に引く鄭玄の注に「耳順うは、其の言を聞きて其の微旨を知る」(耳順、聞其言而知其微旨)とある。また『義疏』に「順は、逆らわざるを謂うなり。人年六十にして識智広博なり。凡その万事、悉く須らく観見すべきを得ず。但だ其の言を聞けば、即ち微旨を解す。是れ聞く所、耳に逆らわず。故に耳順と曰うなり。故に王弼云う、耳順うは、言うこころは、心識聞前に在るなり、と」(順謂不逆也。人年六十識智廣博。凡厥萬事、不得悉須觀見。但聞其言、即解微旨。是所聞、不逆於耳。故曰耳順也。故王弼云、耳順、言心識在聞前也)とある。また『集注』に「声入れば心通じ、違逆する所無し。之を知るの至りは、思わずして得るなり」(聲入心通、無所違逆。知之之至、不思而得也)とある。
  • 七十而從心所欲、不踰矩 … 『集解』に引く馬融の注に「矩は、法なり。心の欲する所に従えども、法に非ざる無し」(矩、法也。從心所欲、無非法)とある。また『義疏』に「従は、猶おほしいままのごときなり。踰は、越ゆるなり。矩は、法なり。年七十に至りて、習は性と成ること、猶お蓬の麻中に生じ、たすけずして自ら直なるがごとし。故に復た心意に放縦すと雖も、而れども法度を踰越せざるなり」(從猶放也。踰越也。矩法也。年至七十、習與性成、猶蓬生麻中、不扶自直。故雖復放縱心意、而不踰越於法度也)とある。また『集注』に「従は、随なり。矩は、法度の器にして、方をつくる所以の者なり。其の心の欲する所に随いて、自ら法度にあやまたず、安んじて之を行い、勉めずしてあたるなり」(從、隨也。矩、法度之器、所以爲方者也。隨其心之所欲、而自不過於法度、安而行之、不勉而中也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ夫子自ら其の平生学問の履歴を陳べて、以て人に示すなり。……道の窮り無く、故に学も亦た窮り無し。……蓋し人の一生に於けるは、少よりして壮にして老、年此に到れば、則ち其の智自ずから別なり。聖人の資と雖も、老少の異無きこと能わざれば、則ち又た老少の別無きこと能わず。……然れども当時禅学盛んに行われ、其の遺説を以て、聖人の旨を解する者、実に少なからずと為す。是に於いて専ら一心を貴びて、明鏡止水を以て、修身の極功と為す」(此夫子自陳其平生學問履歷、以示人也。……道之無窮、故學亦無窮。……蓋人之於一生、自少而壮而老、年到于此、則其智自別。雖聖人之資、不能無老少之異焉、則又不能無老少之別。……然當時禪學盛行、以其遺説、解聖人之旨者、實爲不少。於是專貴一心、而以明鏡止水、爲修身之極功)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「是れ皆な孔子の自ら言う所、亦た常人の能くする所なり。聖人豈に人に遠くして道とんや。宋儒の解は、高妙なるに過ぎたり。聖人の道にたがいて仏・老に流るる所以なり」(是皆孔子所自言、亦常人所能。聖人豈遠人而爲道乎。宋儒之解、過乎高妙。所以盭乎聖人之道而流乎佛老也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 宮崎市定は「耳順、不踰矩は、私の考えでは孔子が体力、気力の衰えを自覚した嘆声と思われる。(中略)自然に度をすごさないならば、それは血の通わぬ機械のようなものだ。これは本当ではない、と自覚したところに、苦労人の孔子の値打ちがある、と見たい」と言っている(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十