>   故事成語   >   ら行・わ   >   禍いを転じて福と為す

禍いを転じて福と為す

わざわいをてんじてふく
  • 出典:『史記』蘇秦列伝、『戦国策』燕策
  • 解釈:災いにあっても、かえってその事を活用して、幸せになるようにする。災いを転じて福となす。
〔史記、蘇秦列伝〕
蘇秦曰、臣聞古之善制事者、轉禍爲福、因敗爲功。
蘇秦そしんいわく、しんく、いにしえことせいするものは、わざわいてんじてふくし、はいりてこうす、と。
  • 蘇秦 … 戦国時代の政治家。洛陽の人。諸国を遊説してまわり、合従策を唱えた。
  • 敗 … 失敗。
  • 功 … 成功。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ