>   故事成語   >   さ行   >   塞翁が馬

塞翁が馬

塞翁さいおううま
  • 出典:『淮南子』人間訓
  • 解釈:人生の幸・不幸は予測しがたいことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」とも。
近塞上之人、有善術者。馬無故亡而入胡。人皆弔之。其父曰、此何遽不爲福乎。
塞上さいじょうちかきのひとに、じゅつくするものり。うまゆえくしてげてる。ひとこれとむらう。ちちいわく、何遽なんふくらざらんや、と。
  • 塞上 … とりでのほとり。
  • 術 … 占い。
  • 胡 … 北方や西方に住む遊牧民族の総称。
  • 弔う … くやみを述べる。
居數月、其馬將胡駿馬而歸。人皆賀之。其父曰、此何遽不能爲禍乎。
ること数月すうげつうま駿馬しゅんめひきいてかえる。ひとこれす。ちちいわく、何遽なんわざわいあたわざらんや、と。
  • 居ること数月 … 数ヶ月経って。
  • 駿馬 … 足の速いすぐれた馬。
  • 賀す … お祝いの言葉を述べる。
家富良馬。其子好騎、墮而折其髀。人皆弔之。其父曰、此何遽不爲福乎。
いえ良馬りょうばむ。このみ、ちてる。ひとこれとむらう。ちちいわく、何遽なんふくらざらんや、と。
  • 髀 … ももの外側の骨。
居一年、胡人大入塞。丁壯者引弦而戰、近塞之人、死者十九。此獨以跛之故、父子相保。
ること一年いちねん胡人こひとおおいにさいる。丁壮ていそうなるものげんきてたたかい、さいちかきのひとするものじゅうひとゆえもって、父子ふしあいたもつ。
  • 丁壮 … 身体の丈夫な若者。
  • 跛 … 片足が不自由なこと。
故福之爲禍、禍之爲福、化不可極、深不可測也。
ゆえふくわざわいり、わざわいふくるは、きわからず、しんはかからざるなり。
  • 化 … 物事の変化の妙。
  • 深 … 奥深さ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ