>   故事成語   >   さ行   >   桑田変じて滄海となる

桑田変じて滄海となる

桑田そうでんへんじて滄海そうかいとなる
  • 出典:りゅう希夷きい白頭を悲しむ翁に代わる
  • 解釈:世の中の移り変わりの激しいこと。桑畑が海に変わる意から。滄海変じて桑田となる。
已見松柏摧爲薪、更聞桑田變成海
すで松柏しょうはくくだかれてたきぎるを、さら桑田そうでんへんじてうみるを。
  • 劉希夷 … 651~679。盛唐の詩人。名は庭芝ていし、また、廷芝ていし、希夷はあざな
  • 松柏摧爲薪 … 『文選』巻第二十九、古詩十九首の中の「古墓犂爲田、松柏摧爲薪」(古墓はかれて田と為り、松柏は摧かれて薪と為る)に基づく。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ