>   故事成語   >   ま行   >   本立ちて道生ず

本立ちて道生ず

もとちてみちしょう
  • 出典:『論語』学而2
  • 解釈:物事の根本が確立すれば、自ずと道は開ける。
有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作亂者。未之有也。君子務本。本立而道生。孝弟也者。其爲仁之本與。
有子ゆうしいわく、ひとりや孝悌こうていにして、かみおかすをこのものすくなし。かみおかすことをこのまずして、らんすをこのものいまらざるなり。君子くんしもとつとむ。もとちてみちしょうず。孝悌こうていなるものじんもとるか。
  • 詳しい注釈と現代語訳については「学而2」参照。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ