>   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   古別離(韋荘)

古別離(韋荘)

古別離べつ
そう     
  • 七言絶句。毿・酣・南(平声覃韻)。
  • 『全唐詩』巻695所収。
  • 古別離 … 楽府題。古風な調べにならって、別離の心情を詠んだ詩。『全唐詩』では「古離別」に作り、「一作多情」との注がある。
  • 韋荘 … 836~910。晩唐の詩人。あざなたんけいちょうりょう(陝西省西安市付近)の人。韋応物の子孫。59歳で進士に合格し、校書郎に任ぜられた。のちに王建が前蜀を建てたとき、彼に協力し宰相となった。『かんしゅう』十巻がある。ウィキペディア【韋荘】参照。
晴煙漠漠柳毿毿
晴煙せいえん漠漠ばくばくとして やなぎ毿毿さんさんたり
  • 晴煙 … 晴れた空にたなびくかすみ。「煙」は霞、もや。
  • 煙 … 底本では「烟」に作るが、諸本に従い改めた。異体字。
  • 漠漠 … 一面にぼんやりと立ち込めている様子。
  • 毿毿 … 毛髪や羽毛が細くふさふさと長いさま。ここでは柳の小枝が糸のように細く長く垂れた形容。『浣花集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「鬖鬖」に作る。
不那離情酒半酣
じょういかんともせず さけなかたけなわなり
  • 離情 … 別離の思い。別れるときの辛い思い。
  • 不那 … どうすることもできない。
  • 半酣 … 酒の酔いが半ば程であること。ほろ酔い気分。
更把玉鞭雲外指
さらぎょくべんりて雲外うんがいせば
  • 更 … さらに。さらにまた。
  • 玉鞭 … 玉の飾りがついたむち
  • 玉 … 『浣花集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「馬」に作る。
  • 把 … 手に取る。
  • 雲外 … 雲の彼方。
  • 指 … 指し示す。
斷腸春色在江南
だんちょう春色しゅんしょく 江南こうなん
  • 断腸 … 非常に悲しい様子。はらわたがちぎれるほどの悲痛な思い。
  • 春色 … 春景色。
  • 断腸春色 … 春景色が作者の悲痛な別離の思いをかきたてる。
  • 江南 … 長江(揚子江)中流・下流の南岸地域。今の江蘇・浙江・安徽あんき・江西省のあたりを指す。
  • 在 … 存在している。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行