>   漢詩   >   歴代詩選:晩唐   >   金陵図〔台城〕(韋荘)

金陵図〔台城〕(韋荘)

金陵圖(臺城)
きんりょうだいじょう
そう
  • 〔テキスト〕 『唐詩三百首』七言絶句、『全唐詩』巻六百九十七、『浣花集』巻四(『四部叢刊 初編集部』所収)、向迪琮校訂『韋荘集』巻四(人民文学出版社、1958年)、聶安福箋注『韋荘集箋注』巻四(上海古籍出版社、2002年)、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻三十(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『唐詩品彙』巻五十四、『唐詩別裁集』巻二十、『才調集』巻三、他
  • 七言絶句。齊・啼・隄(平声齊韻)。
  • ウィキソース「金陵圖」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』『四部叢刊本』『韋荘集』『箋注本』『才調集』では「臺城」に作る。『万首唐人絶句』では「金陵圖二首 其二」に作る。
  • 金陵図 … 金陵の風景画を見て、その印象を詠んだ詩。金陵は今の江蘇省南京市の古称。六朝時代には建康けんこうと呼ばれ、南朝歴代王朝の都であった。
  • 台城 … 六朝時代の天子の御所。禁城。玄武湖のほとりにあった建康けんこう宮を指す。『中国名勝旧跡事典 2』(ぺりかん社、1987年)に「三国時代の呉の後苑城で、東晋から南朝にかけて台省(中央政府)と宮殿の所在地であったので、台城という」とある。『輿地紀勝』巻十七、江南東路建康府、台城の条に「一に苑城と曰う。即ち古の建康の宮城なり。もと呉の後苑城なり。晋の成帝のかん五年、新宮を此に作る。其の城、唐末尚お存す」(一曰苑城。即古建康宮城也。本呉後苑城。晉成帝咸和五年、作新宮於此。其城、唐末尙存)とある。『輿地紀勝』巻十七(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。なお、画像に「晉安帝」とあるのは誤字。
  • 韋荘 … 836~910。晩唐の詩人。あざなたんけいちょうりょう(陝西省西安市東南)の人。韋応物の子孫。昭宗の乾寧元年(894)、五十九歳で進士に及第し、校書郎に任ぜられた。のちに王建が前蜀を建てたとき、彼に協力し宰相となった。『かんしゅう』十巻がある。ウィキペディア【韋荘】参照。
江雨霏霏江草齊
こう霏霏ひひとして 江草こうそうひと
  • 江雨 … 長江(揚子江)に降る雨。
  • 霏霏 … 雨や雪などが絶え間なく降りしきる様子。
  • 江草 … 川辺の草。
  • 草 … 『万首唐人絶句』では「艸」に作る。同義。
  • 斉 … 一面にえ揃って茂っている様子。
六朝如夢鳥空啼
りくちょう ゆめごとく とりむなしく
  • 六朝 … 建康(建業)を都とした六つの王朝(222~589)、呉・東晋・宋・斉・梁・陳をいう。ウィキペディア【六朝】参照。
  • 如夢 … 夢のように消え去ってしまったこと。
  • 空 … むだに。いたずらに。
無情最是臺城柳
じょうもっとれ だいじょうやなぎ
  • 無情 … 心を持たないこと。感情がないこと。
  • 最是 … 最も無情なのは。
  • 台城 … 玄武湖のほとりにあった宮城。建康宮を指す。
  • 柳 … 『唐詩別裁集』では「栁」に作る。異体字。
依舊煙籠十里堤
きゅうってけむりむ じゅうつつみ
  • 依旧 … 昔のままに。昔ながらに。
  • 煙籠 … 緑のしだれ柳が芽吹いて、春雨にけぶって見える様子。
  • 煙 … 『唐詩別裁集』では「烟」に作る。異体字。
  • 十里堤 … 玄武湖の十里あまりの長い堤。
  • 堤 … 『唐詩三百首』『唐詩別裁集』では「隄」に作る。同義。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行