>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   夜雨寄北(李商隠)

夜雨寄北(李商隠)

夜雨寄北夜雨やうきたす)
しょういん     
  • 七言絶句。期・池・時(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻539所収。『唐詩三百首』七言絶句所収。ウィキソース「夜雨寄北」参照。
  • 夜雨寄北 … 夜の雨を聞きながら、北方にいる妻に書き送る。作者は巴山(四川省)におり、妻は北方の長安にいる。『萬首唐人絶句』では「夜雨寄内」に作る。「内」は妻の異称。
  • 李商隠 … 813~858。晩唐の詩人。懐州だい(河南省沁陽しんよう県)の人。あざなは義山。杜牧・おん庭筠ていいんとならんで晩唐期を代表する詩人。ウィキペディア【李商隠】参照。
君問歸期未有期
きみ 帰期ききうもいまらず
  • 君 … 作者の妻を指す。
  • 帰期 … 妻のもとへ帰る時期。
  • 未有期 … まだその時期はわからない。
巴山夜雨漲秋池
ざん夜雨やう しゅうみなぎ
  • 巴山 … 陝西せんせい省から四川省にまたがる山脈。ここでは四川省通江県あたりの山を指す。ウィキペディア【大巴山脈】参照。
  • 秋池 … 秋の池。秋の雨が池いっぱいになっている様子。
  • 漲 … あふれるばかりに水かさが張っている様子。
何當共翦西窻燭
いつまさとも西窓せいそうしょくって
  • 何当 … いつになったら~だろう。
  • 共 … 君(妻)といっしょに。
  • 西窓 … 西向きの窓辺。
  • 翦 … 灯心を切って明るくすること。『唐詩選』以外の諸本では「剪」に作る。
  • 燭 … ろうそくのしん、または油皿の灯心。
卻話巴山夜雨時
かえってざん夜雨やうときはなすべき
  • 却話 … さてお話ししよう。
  • 却話巴山夜雨時 … (いつになったら)この巴山のわびしい夜の雨音を聞いている時の話を君にすることができるのだろうか。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行