>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七絶   >   送魏十六還蘇州(皇甫冉)

送魏十六還蘇州(皇甫冉)

送魏十六還蘇州
じゅうろくしゅうかえるをおく
こうぜん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『三体詩』七言絶句・実接、『全唐詩』巻二百四十九、『唐皇甫冉詩集』巻七(『四部叢刊 三編集部』所収)、『皇甫冉集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、『唐詩品彙』巻四十九、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十五(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『唐人万首絶句選』巻三、『唐詩別裁集』巻二十、『古今詩刪』巻二十二(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、62頁)、『唐百家詩選』巻十、他
  • 七言絶句。君・聞・雲(平声文韻)。
  • ウィキソース「送魏十六還蘇州」参照。
  • 『唐詩選』では、これ以下を巻八として独立させている。
  • 詩題 … 『三体詩』『唐詩別裁集』『唐人万首絶句選』では「送魏十六」に作る。
  • 魏十六 … 魏は姓。十六は排行(一族中の兄弟やいとこなどの年齢による序列)。人物については不明。『唐人行第録』(中華書局)に「名未詳」とある。
  • 蘇州 … 江蘇省南東部、太湖の東岸にある都市。春秋時代の呉の都。隋・唐代に州が置かれた。『隋書』地理志、呉郡の条に「陳、呉州を置く。陳を平らげ、改めて蘇州と曰う。たいぎょうの初め、復た呉州と曰う」(陳置吳州。平陳、改曰蘇州。大業初復曰吳州)とある。ウィキソース「隋書/卷31」参照。ウィキペディア【蘇州市】参照。
  • 還 … 帰っていく。
  • 送 … 見送る。
  • この詩は、魏某が蘇州に帰っていくのを見送った時に作ったもの。作者が故郷の潤州丹陽(江蘇省丹陽市)にいた頃の作と思われる。
  • 皇甫冉 … 716~769。中唐の詩人。皇甫は姓(二字姓)。潤州丹陽(江蘇省丹陽市)の人。あざなは茂政。天宝十五載(756)、進士に及第。無錫(江蘇省無錫市)の尉に任命され、最後は右補闕に至った。弟は皇甫そう。『唐皇甫冉詩集』七巻がある。ウィキペディア【皇甫冉】参照。
秋夜沈沈此送君
しゅう沈沈ちんちんとしてここきみおく
  • 秋夜 … 秋の夜。
  • 沈沈 … 夜が静かにふけていくさま。畳韻(二字が同じ母音で終わる)語。司馬相如の「上林の賦」(『文選』巻八)に「沈沈ちんちん隠隠いんいんとして、砰磅ほうほう訇磕こうかいたり」(沈沈隱隱、砰磅訇磕)とあり、李善注に「沈沈ちんちんは、ふかかたちなり」(沈沈、深貌也)とある。砰磅と訇磕は、どちらも水が激しく流れるときの大きな音の形容。砰磅は、双声(二字の語頭子音が同じ)語。ウィキソース「昭明文選/卷8」参照。『三体詩』『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『唐百家詩選』では「沉沉」に作る。異体字。
  • 沈沈此 … 『全唐詩』では「深深北」に作り、「一作沈沈此」とある。北は、丹陽を指す。
  • 此送君 … 今ここで君を見送る。
  • 此 … 『四部叢刊本』では「北」に作り、「一作此」とある。
陰蟲切切不堪聞
いんちゅう切切せつせつとしてくにえず
  • 陰虫 … 秋になってから鳴く虫。鈴虫・こおろぎなど。顔延之の「なつじゅうけいなるさんしゃちょうていす」(『文選』巻二十六)に「ぜんなつあたりてきゅうにして、いんちゅうあきさきだちてこゆ」(夜蟬當夏急、陰蟲先秋聞)とある。ウィキソース「昭明文選/卷26」参照。
  • 蟲 … 『三体詩』では「蛩」に作る。コオロギのこと。
  • 切切 … 虫がしきりに鳴く擬声語で、細く悲しく急迫した音の形容。謝朓の「郡内登望」(『文選』巻三十)に「切切せつせつとして陰風いんぷうれ、桑柘そうしゃ寒煙かんえんおこる」(切切陰風暮、桑柘起寒煙)とある。桑柘は、山桑。ウィキソース「昭明文選/卷30」参照。
  • 不堪聞 … 聞いていられない。
歸舟明日毘陵道
しゅう みょうにち りょうみち
  • 帰舟 … 蘇州へと帰ってゆく君の舟。
  • 歸 … 『全唐詩』『四部叢刊本』には「一作孤」とある。
  • 明日毘陵道 … 明日にはもう毘陵の道を通り過ぎることだろう。
  • 日 … 『全唐詩』には「一作月」とある。『四部叢刊本』では「月」に作り、「一作日」とある。
  • 毘陵 … 郡名。晋代に置かれた。今の江蘇省常州市武進区。丹陽と蘇州の中間にある町。『読史方輿紀要』江南、常州府に「こうようしゅういき春秋しゅんじゅうとき呉地ごちのちえつぞくす。戦国せんごくぞくす。しん会稽郡かいけいぐんし、かんこれる。……しん太康たいこうはじめ、こうはぶき、ぐんわかちてりょうぐんく。えいねんあらためてしんりょうぐんう」(禹貢揚州之域、春秋時吳地、後屬越。戰國屬楚。秦爲會稽郡地、漢因之。……晉太康初、省校尉、分吳郡置毘陵郡。永嘉五年、改曰晉陵郡)とある。ウィキソース「讀史方輿紀要/卷二十五」参照。ウィキペディア【武進区】参照。
  • 毘 … 『全唐詩』『四部叢刊本』『唐五十家詩集本』『万首唐人絶句』『唐百家詩選』では「毗」に作る。異体字。
囘首姑蘇是白雲
こうべめぐらせば姑蘇こそ白雲はくうんならん
  • 回首 … 振り返って眺めれば。
  • 回 … 『全唐詩』『四部叢刊本』では「迴」に作る。『唐五十家詩集本』では「廻」に作る。ともに同義。
  • 姑蘇是白雲 … 蘇州の空は、白い雲に包まれていることであろう。
  • 姑蘇 … 蘇州を指す。姑蘇山があるからいう。『大明一統志』に「しゅう……しん会稽郡かいけいぐんく。……しんそうせいりょうみなぐんす。ちんしゅうく。ずい開皇かいこうちゅうあらためてしゅうう。姑蘇こそざんりてす」(蘇州府……秦置會稽郡。……晉宋齊梁皆爲吳郡。陳置吳州。隋開皇中、改曰蘇州。因姑蘇山爲名)とある。ウィキソース「明一統志 (四庫全書本)/卷08」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行