>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   鞏路感懐(呂温)

鞏路感懐

鞏路感懷
きょう感懐かんかい
呂溫りょおん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻三百七十一、他
  • 五言絶句。來・徊(平声灰韻)。
  • ウィキソース「鞏路感懷」参照。
  • 鞏路 … 鞏に通じる街道。「鞏」は、今の河南省きょう市。ウィキペディア【鞏義市】参照。
  • 感懐 … 心にいだいている思い。感慨。
  • 呂温 … 772~811。中唐の詩人。あざなしゅく。またの字はこう。河中(山西省永済市)の人。貞元十四年(798)、進士に及第。おうしゅくぶんしつと親交があったため、貞元末には左拾遺および侍御史となった。元和元年(806)、戸部員外郎となったが、宰相のきっに憎まれ、地方に左遷されて死んだ。ウィキペディア【呂温】参照。
馬嘶白日暮
うまいなないて白日はくじつ
劒鳴秋氣來
けんってしゅうきた
我心渺無際
こころ びょうとしてさい
  • 渺 … はるかに遠い様子。遠くかすかな様子。『全唐詩』では「浩」に作り、「一作眇」とある。
河上空徘徊
じょう むなしく徘徊はいかい
  • 河上 … 黄河のほとり。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行