>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   長安春望(盧綸)

長安春望(盧綸)

長安春望ちょうあんしゅんぼう
りん     
  • 七言律詩。東・公・空・窮・同(平声東韻)。
  • 『全唐詩』巻279所収。ウィキソース「長安春望 (盧綸)」参照。
  • 春望 … 春の景色。
  • 盧綸 … 748~800?。中唐の詩人。河中けん(山西省永済県)の人。あざな允言いんげん。大暦十才子の一人。ウィキペディア【盧綸】参照。
東風吹雨過青山
東風とうふう あめいて青山せいざん
  • 東風 … 春風。
卻望千門草色閑
かえって千門せんもんのぞめばそうしょくかんなり
  • 千門 … 宮殿の門。
  • 草色 … 若草の色。
  • 草 … 『全唐詩』には「一作柳」との注がある。
  • 閑 … のどか。のんびりしているさま。『全唐詩』では「閒」に作る。
家在夢中何日到
いえちゅうっていずれのにかいたらん
  • 家 … ふるさとの家。
  • 夢中 … 夢の中。
  • 何日到 … いつになったら帰れるのか。
春來江上幾人還
はるこうじょうきたって幾人いくにんかえ
  • 來 … 『全唐詩』では「生」に作り、「一作歸、又作來」との注がある。
  • 江上 … 川のほとり。
  • 幾人還 … 故郷へ帰りうる人は、何人あろうか。
川原繚繞浮雲外
川原せんげん繚繞りょうじょうたり うんそと
  • 川原 … 川岸の平原。
  • 繚繞 … くねくねと曲がっているさま。
  • 浮雲外 … 浮き雲の彼方。
宮闕參差落照閒
きゅうけつしんたり らくしょうかん
  • 宮闕 … 宮殿。
  • 参差 … 高低の差がふぞろいな様子。
  • 落照 … 夕日の光。
誰念爲儒逢世難
たれおもわん じゅりて世難せいなん
  • 誰念 … 誰が予測したであろうか。
  • 儒 … 儒者。
  • 世難 … 世の乱れ。
  • 逢世難 … 『全唐詩』には「一作多失意」との注がある。
獨將衰鬢客秦關
ひと衰鬢すいびんって秦関しんかんかくたらんとは
  • 衰鬢 … 薄くなったびんの毛。「鬢」は耳ぎわの髪。「びん」も同じ。
  • 将 … 「以」と同じ。
  • 秦関 … 戦国時代の秦の国の関所。ここでは長安の地方を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行