>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   贈銭起秋夜宿霊台寺見寄(郎士元)

贈銭起秋夜宿霊台寺見寄(郎士元)

贈錢起秋夜宿靈臺寺見寄
せんしゅう霊台れいだい宿しゅくしてせられしにおくる)
ろうげん     
  • 七言律詩。東・公・空・窮・同(平声東韻)。
  • 『全唐詩』巻248所収。『全唐詩』では「題精舍寺」に作り、「一作酬王季友秋夜宿露臺寺見寄」との注がある。ウィキソース「題精舍寺 (郎士元)」参照。
  • 銭起 … 710?~780?。中唐の詩人。呉興(浙江省)の人。あざなは仲文。郎士元とともに「銭郎」と称された。ウィキペディア【銭起】参照。
  • 霊台寺 … 未詳。
  • この詩は銭起がある秋の夜、霊台寺に泊まって作った詩を作者によこしてきたのに対し、作者がこれに答えたもの。銭起のそのときの詩は「夜宿靈臺寺寄郎士元」(『全唐詩』巻239所収)である。ウィキソース「夜宿靈臺寺寄郎士元」参照。
  • 郎士元 … 727~780?。中唐の詩人。中山の人。あざなは君冑。銭起とともに「銭郎」と称された。ウィキペディア【郎士元】参照。
石林精舍武溪東
石林せきりんしょうじゃ けいひがし
  • 石林 … 寺院の名を表す固有名詞。または石が林立する景勝の地。
  • 精舎 … 寺院。寺。
  • 武渓 … 谷川の名。詳細は不明。
  • 東 … 『全唐詩』には「一作中」との注がある。
夜叩禪扉謁遠公
よる ぜんたたいて遠公おんこうえつ
  • 禅扉 … 禅寺の扉。
  • 扉 … 『全唐詩』では「關」に作り、「一作扉」との注がある。
  • 遠公 … 晋の高僧おん(334~416)の尊称。ここでは霊台寺の住職を慧遠にたとえている。ウィキペディア【慧遠 (東晋)】参照。
月在上方諸品靜
つきじょうほうりて諸品しょぼんしずかに
  • 上方 … 仏教でいう上方世界と、天上とをかけて言ったもの。
  • 諸品 … 万物。
心持半偈萬縁空
こころはんして万縁ばんえんむな
  • 心 … 『全唐詩』では「僧」に作る。
  • 半偈 … 「偈」は仏教の讃歌。通常は四句から成る。「半偈」はその半分の二句。
  • 万縁 … あらゆる因縁。一切の世俗的な関係。
  • 空 … くうの境地に入ること。
蒼苔古道行應遍
蒼苔そうたいどう いてまさあまねかるべし
  • 蒼苔 … 青い苔。
  • 古道 … 古い道。
  • 遍 … くまなく歩きまわる。
  • 蒼苔古道行應遍 … 『全唐詩』では「秋山竟日聞猿嘯」に作り、「一作蒼苔古道行應遍」との注がある。
落木寒泉聽不窮
落木らくぼく 寒泉かんせん いてきわまらず
  • 落木 … 木々の落葉の音。
  • 寒泉 … 冷たい泉の湧く音。
  • 聴不窮 … 聴けども聴き尽くせない。
更憶雙峰最高頂
さらおもう 双峰そうほうさいこうちょう
  • 更憶 … 更に想像する。『全唐詩』では「惟有」に作り、「一作更憶」との注がある。
  • 双峰 … 二つならんだ峰。銭起の詩に「あしたる双頂 青冥の上」(朝瞻雙頂青冥上)とあるのをふまえる。ウィキソース「夜宿靈臺寺寄郎士元」参照。
此心期與故人同
こころ じんおなじからんことを
  • 此心 … 双峰の最高頂を眺める心。
  • 故人 … 旧友。銭起をさす。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行