>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七律   >   奉和初春幸太平公主南荘応制(李邕)

奉和初春幸太平公主南莊應制(李邕)

奉和初春幸太平公主南荘応制
初春しょしゅん太平たいへい公主こうしゅ南荘なんそうみゆきす」にたてまつる 応制おうせい
よう
  • 七言律詩。微・飛・衣・歸(平声微韻)。
  • 太平公主 … 高宗と則天武后との間に生まれた皇女。公主は皇女。ウィキペディア【太平公主】参照。
  • 南荘 … 長安南郊の楽遊原らくゆうげんにかまえていた別荘のこと。
  • 幸 … 天子が出かけることをいう敬語。
  • 応制 … 天子の命令によって作った詩文。
  • これと同じ題の詩が蘇頲の詩に見える。
  • 李邕 … 678~747。盛唐の詩人。江蘇省江都県の人。あざなは泰和。ウィキペディア【李ヨウ (唐)】参照。
傳聞銀漢支機石
つたく 銀漢ぎんかん 支機しきいし
  • 銀漢 … 天の川。
  • 支機石 … 天上の織女がはたのささえに使ったという石。ある男がもらって帰ったという。
復見金輿出紫微
る 金輿きんよ紫微しびよりずるを
  • 金輿 … 黄金で飾った天子の輿こし
  • 紫微 … もとは北斗星の北東にある十五の星の名。伝説では、その一つが天の軸にあたり、天帝の住む宮殿とされる。転じて、王宮のこと。ここでは天子の宮殿を指す。紫微宮・紫微星・えん・紫宮とも。『晋書』天文志に「きゅうえんじゅうせい西番せいばんななつ、東番とうばんつ、ほくきたり。いつ紫微しびう。大帝たいていなり。てんじょうきょなり。めいつかさどつかさどるなり」(紫宮垣十五星、其西番七、東番八、在北斗北。一曰紫微。大帝之坐也。天子之常居也。主命主度也)とある。ウィキソース「晉書/卷011」参照。
織女橋邊烏鵲起
織女橋しょくじょきょうへん 烏鵲うじゃく
  • 織女橋 … 七月七日に、牽牛と織女が逢うために、烏鵲すなわちカササギが天の川にかけるという橋。蘇頲の詩では「烏鵲橋」とある。
  • 烏鵲 … カササギ。
仙人樓上鳳皇飛
仙人楼せんにんろうじょう 鳳皇ほうおう
  • 仙人楼 … 秦の穆王(在位前659~前621)の娘弄玉ろうぎょくが、しょうの名人しょうと住んだ楼の名。蘇頲の詩では「鳳皇楼」とある。弄玉は蕭史に惚れたため、穆公は弄玉を蕭史に嫁がせた。蕭史は彼女に簫の吹き方を教え、彼女は鳳凰の鳴き声が吹けるようになった。数年後、鳳凰が簫の音に誘われて訪れるようになった。穆公は彼らのために鳳台ほうだいを築いてやった。のちに二人は昇天して仙人になったという。『列仙伝』巻上に「蕭史は、秦の穆公の時の人なり。善く簫を吹き、能く孔雀・白鶴を庭に致す。穆公にむすめ有り、あざなは弄玉、之を好む。公ついに女を以てめあわす。日〻ひび弄玉に鳳鳴を作すを教う。居ること数年、吹くこと鳳声に似たり。鳳凰きたりて其のおくとどまる。公ために鳳台を作るに、夫婦其の上に止まり、下らざること数年、一日、皆鳳凰に随って飛び去る。故に秦人しんぴと為に鳳女ほうじょを雍宮中に作るに、時に簫声有るのみ」(蕭史者、秦穆公時人也。善吹簫、能致孔雀白鶴於庭。穆公有女、字弄玉、好之。公遂以女妻焉。日教弄玉作鳳鳴。居數年、吹似鳳聲。鳳凰來止其屋。公爲作鳳臺、夫婦止其上、不下數年、一日、皆隨鳳凰飛去。故秦人爲作鳳女祠於雍宮中、時有簫聲而已)とある。ウィキソース「列仙傳」参照。
流風入座飄歌扇
流風りゅうふう って歌扇かせんひるがえ
  • 流風 … そよ吹く風。
  • 座 … 宴席。
  • 歌扇 … 歌いのかざす扇。
瀑水侵階濺舞衣
瀑水ばくすい かいおかして舞衣ぶいそそ
  • 瀑水 … 滝の水。
  • 侵階 … 滝のしぶきが宮殿のきざはしまで飛んでくる。「当階」に作るテキストもある。
  • 濺 … しぶきがかかる。
  • 舞衣 … 舞姫の衣。
今日還同犯牛斗
今日こんにち牛斗ぎゅうとおかせしにおな
  • 犯牛斗 … 牛宿・斗宿の二つの星座に侵入すること。天の川に侵入した男の故事に基づく。
乘槎共泛海潮歸
いかだりてとも海潮かいちょううかんでかえらん
  • 乗槎 … いかだに乗って黄河をさかのぼり、天の川に至ったという故事に基づく。
  • 泛 … 『全唐詩』では「逐」に作り、「一作泛」とある。
  • 海潮 … うしお。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行