>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   送李太守赴上洛(王維)

送李太守赴上洛(王維)

送李太守赴上洛
太守たいしゅじょうらくおもむくをおく
おう
  • 〔出典〕 『王右丞文集』巻五(静嘉堂文庫蔵、略称:静嘉堂本)、『王摩詰文集』巻九(略称:蜀刊本)、『須渓先生校本唐王右丞集』巻五(『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:四部叢刊本)、顧起経注『類箋唐王右丞詩集』巻七(略称:顧起経注本)、顧可久注『唐王右丞詩集』巻五(『和刻本 漢詩集成 唐詩1』所収、略称:顧可久注本)、趙殿成注『王右丞集箋注』巻十二(略称:趙注本)、『唐詩選』巻四、『全唐詩』巻百二十七、『文苑英華』巻二百六十八、『唐詩品彙』巻七十四、他
  • 五言排律。沈・深・林・陰・岑・心(平声侵韻)。
  • ウィキソース「送李太守赴上洛」参照。
  • 李太守 … 人物については不詳。「太守」は郡の長官。
  • 上洛 … 春秋時代の晋代から陝西省商県を中心に置かれた郡。上洛郡。唐代はおおむね商州と呼ばれた。ウィキペディア【上洛郡】参照。
  • この詩は、上洛郡の太守となって赴任する李某を見送って作ったもの。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
商山包楚鄧
しょうざん とうつつ
  • 商山 … 陝西省商県の東にある山。李某が赴任して行く先にある。
  • 包楚鄧 … 楚の国と鄧州を包むようにそびえる。「楚」は商山の南、湖北省一帯の地。「鄧」は商山の東、河南省南陽一帯の地。
積翠藹沈沈
積翠せきすい あいとして沈沈ちんちんたり
  • 積翠 … 山腹に幾重にも積み重なる木々の緑。青山の形容。
  • 藹 … 木々がこんもりと茂っているさま。底本(冨山房『漢文大系』)では「靄」に作るが、諸本に従い改めた。
  • 沈沈 … 木々が深々と茂っているさま。
驛路飛泉灑
えき せんそそ
  • 駅路 … 宿場から宿場へ通じている街道。うまやじ。
  • 飛泉 … 飛び散る滝水。
  • 灑 … そそぐ。そそぎかかる。
關門落照深
関門かんもん らくしょうふか
  • 関門 … 関所の門。上洛郡の東にあった関所、武関を指す。
  • 落照 … 夕日の光。落日の光。
  • 深 … 深く差し込んでいるだろう。
野花開古戍
野花やか じゅひら
  • 野花 … 野原に咲く花。野辺の花。
  • 古戍 … 古びたとりで
  • 開 … 咲き乱れる。
行客響空林
行客こうかく 空林くうりんひび
  • 行客 … 旅人。
  • 空林 … ひとのないひっそりとした林。
  • 響 … 足音が響く。
板屋春多雨
板屋はんおく はる あめおお
  • 板屋 … 板ぶきの屋根。粗末な民家のことをいう。
  • 春多雨 … 春の季節、雨がしきりと降りそそぐ。
山城晝欲陰
さんじょう ひる くもらんとほっ
  • 山城 … 山間やまあいの町。山峡やまかいの町。
  • 昼 … 昼でも。
  • 欲陰 … 薄暗くなりかける。
丹泉通虢略
丹泉たんせん かくりゃくつう
  • 丹泉 … 川の名。丹江。古称は丹水。商県のあたりを東南に流れ、漢水に合流する。
  • 虢略 … 河南省霊宝市の西南、函谷関の近くにあった町。
白羽抵荊岑
はく 荊岑けいしんいた
  • 白羽 … 春秋時代、河南省内郷県にあった地名。
  • 荊岑 … 荊山の峰。「荊山」は、湖北省西北部、なんしょう県の西にある山。「岑」は、みね。
  • 抵 … 至る。
若見西山爽
西山せいざんそう
  • 若見 … もし君が~を見たなら。
  • 西山爽 … 西山に漂う爽やかな大気。「西山」は商山のこと。『世説新語』簡傲かんごう篇に、東晋のおう徽之きし(?~388)の言葉として、「西山は朝来、致に爽気有り」(西山朝來、致有爽氣)とあるのを踏まえる。
應知黃綺心
まさこうこころるべし
  • 応知 … きっと~を理解することだろう。
  • 黄綺 … こうこう綺里季きりきのこと。これに東園公とうえんこうろく先生を加えて「商山こう」という。四人は秦代末期、秦の暴政を避けて商山に隠棲した高士。みなしゅ皓白こうはくであったので「四皓」と呼ばれた。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行