>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   奉和幸韋嗣立山荘応制(李嶠)

奉和幸韋嗣立山荘応制(李嶠)

奉和幸韋嗣立山莊應制
(「りつ山荘さんそうみゆきす」にたてまつる 応制おうせい
きょう
  • 五言排律。居・漁・輿・裾・虛・疏・餘・書・魚・廬(平声魚韻)。
  • 『全唐詩』巻61所収。ウィキソース「奉和幸韋嗣立山莊侍宴應制 (李嶠)」参照。
  • 奉和幸韋嗣立山莊應制 … 『全唐詩』では「奉和幸韋嗣立山莊侍宴應制」に作る。
  • この詩は、景龍三(709)年、中宗(在位684、705~710)が長安東のざん近くの韋嗣立の山荘に行幸した時に作った詩に、臣下が中宗の命によって唱和したもの。
  • 韋嗣立 … 660~719。あざなは延構。中宗のとき、同中書門下三品(宰相)であった。
  • 幸 … 「こうす」と読んでもよい。天子が外出することの敬語。行幸。
  • 応制 … 天子の命令によって作られた詩文。
  • 李嶠 … 645~714。初唐の宮廷詩人。趙州ちょうしゅう賛皇さんこう(河北省石家荘市)の人。あざなは巨山。麟徳元(664)年、進士に及第。則天武后のとき、監察御史から同鳳閣鸞台平章事(宰相)となったが、玄宗の即位とともに、州(安徽省合肥市)別駕に左遷された。杜審言、崔融、蘇味道とともに「文章四友」と呼ばれる。『李嶠雑詠』二巻が残っている。
南洛師臣契
南洛なんらく しんちぎ
  • 南洛 … 長安の東方を東へ流れ、洛陽の南を通って黄河に注ぐ洛水の南。山荘のある場所を指す。
  • 師臣 … 臣下にして天子の師でもある者。韋嗣立を指す。
  • 契 … 交わり。つながり。
東巖王佐居
東巌とうがん おうきょ
  • 東巌 … 東にある岩山。ざんを指す。
  • 王佐 … 天子の補佐役。韋嗣立を指す。
  • 居 … すまい。
幽情遺紱冕
ゆうじょう 紱冕ふつべんわす
  • 幽情 … 俗界を離れた静寂な感情。
  • 紱冕 … 「紱」は高官の帯びる印綬いんじゅ(官印をぶら下げる組紐)。「冕」は冠。高位高官の喩え。
  • 遺 … 忘れ去る。
宸眷矚樵漁
宸眷しんけん しょうぎょ
  • 宸眷 … 天子に目をかけられること。天子の恩寵。
  • 樵漁 … きこりと漁師。
  • 矚 … 視察する。
制下峒山蹕
せいくだる 峒山どうざんひつ
  • 制下 … 天子の命令がその地に下される。
  • 峒山 … 崆峒山こうどうざん。甘粛省平凉市にあるが、ここでは山荘近くのざんを指す。黄帝が広成子という隠者にこの山をたずねて道を学んだという、『荘子』在宥篇にある故事「黄帝立ちて天子たること十九年、令天下に行わる。広成子の空同の上に在りと聞く。故に往きて之を見る」(黄帝立爲天子十九年、令行天下。聞廣成子在於空同之上。故往見之)を踏まえ、中宗を黄帝に、韋嗣立を広成子になぞらえている。
  • 蹕 … 行列の先ばらい。天子が行幸するとき、通り道にいる人を退かせたこと。
恩囘灞水輿
おんめぐる すい輿
  • 恩回 … 天子の恵みがめぐってくること。
  • 灞水 … 川の名。長安の東を流れる。これを渡らないとざんと往来できない。
  • 輿 … こし。天子を乗せて、かついで運ぶ乗り物。
松門駐旌蓋
しょうもん 旌蓋せいがいとど
  • 松門 … 松の門の前。
  • 旌蓋 … 旗さしものと、車の絹傘。天蓋。
  • 駐 … 立ち止まる。
薜幄引簪裾
薜幄へいあく 簪裾しんきょ
  • 薜幄 … つたかずらを結んだとばり。「薜」は、つたかずらの類。「幄」は、上から屋根状に覆った幕。
  • 簪裾 … 冠をとめるかんざしと、着物のすそ。ここでは正装した百官を指す。
  • 引 … 引き入れる。導き入れる。案内する。
石磴平黃陸
石磴せきとう 黄陸こうりくたいらかにして
  • 石磴 … 石段。
  • 黄陸 … 天の黄道。すなわち太陽の軌道。
  • 平 … 同じ高さにまで登っていく。同じ高さにまで長く続く。
煙樓半紫虛
煙楼えんろう きょなかばせり
  • 煙楼 … もやのかかった楼閣。
  • 紫虚 … 天。大空。雲やかすみが日の光で紫色になることから。
  • 半 … 半分に達する。
雲霞仙路近
うん せんちか
  • 雲霞 … 色づく雲。「霞」は「かすみ」ではなく、朝夕の赤く色づく雲のこと。
  • 仙路 … 仙界への道。
琴酒俗塵疏
琴酒きんしゅ 俗塵ぞくじんなり
  • 琴酒 … 琴と酒との風雅な楽しみ。「酒」は底本では「書」に作るが、諸本に従い改めた。
  • 俗塵 … 俗世間の煩わしい事柄。
  • 疏 … 遠ざかる。離れている。
喬木千齡外
きょうぼく 千齢せんれいそと
  • 喬木 … 高い木。
  • 千齢外 … 千年以上経っている。
懸泉百丈餘
懸泉けんせん 百丈ひょくじょう
  • 懸泉 … 滝のこと。
  • 百丈 … 一丈は一尺の十倍。唐尺によると、大尺では360メートル、小尺では300メートルになる。
  • 丈 … 『全唐詩』には「一作尺」とある。
  • 余 … 余り。
崖深經鍊藥
がけふかくして かつくすり
  • 崖深 … 深く切り立った崖の底。
  • 経 … かつて。
  • 錬薬 … 不老不死の仙薬を練った(場所)。
穴古舊藏書
あなりて しょぞう
  • 穴古 … 古びた洞穴。
  • 旧 … 昔。昔から。
  • 蔵書 … 帝王の珍しい書物がしまわれているという。
樹宿摶風鳥
には宿やどる かぜとり
  • 樹宿 … 木々の上に巣を作っている。
  • 摶風鳥 … 風に羽ばたいて天翔る大鳥。「摶」は羽ばたいて風を打つこと。『荘子』逍遙遊篇に「ほう南冥なんめいうつるや、みずげきすることさんぜんようちてのぼものきゅうまんりて六月りくげつもっいこものなり」(鵬之徙於南冥也、水撃三千里、摶扶搖而上者九萬里、去以六月息者也)とあるのに基づく。「扶揺」は、つむじ風。この句は韋嗣立を喩えている。
池潛縱壑魚
いけにはひそむ たにほしいままにするうお
  • 池潜 … 池の中には。池の底には。池に潜んでいる。
  • 潛 … 『全唐詩』には「一作遊」とある。
  • 縦壑魚 … 谷をわがもの顔で自由に泳ぎ回る大魚。「壑」は谷。この句も韋嗣立の喩え。
寧知天子貴
んぞらん てんたっときを
  • 寧 … 「いずくんぞ」「なんぞ」と読み、「どうして~であろうか」「まさか~ではあるまい」と訳す。反語の意を示す。
  • 天子貴 … 天子の貴い身分をも顧みられず。
尚憶武侯廬
こういおりおもわんとは
  • 武侯 … 蜀の諸葛亮(孔明)の尊称。武郷侯に封ぜられたのでこう呼ぶ。
  • 憶武侯廬 … 孔明を軍師に迎えるため、劉備が三たび草深いいおりに訪れたという、いわゆる「三顧の礼」の故事を踏まえる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行