>   漢詩   >   唐詩選   >   巻四 五言排律   >   在広聞崔馬二御史並登相台(蘇味道)

在廣聞崔馬二御史竝登相臺(蘇味道)

在廣聞崔馬二御史竝登相臺
こうりてさい二御史にぎょしならびにしょうだいのぼるを
どう
  • 五言排律。聞・雲・分・薰・群・文(平声文韻)。
  • 『全唐詩』巻65所収。ウィキソース「使嶺南聞崔馬二御史竝拜臺郎」参照。
  • 在廣聞崔馬二御史竝登相臺 … 『全唐詩』では「使嶺南(一作在廣州)聞崔馬二御史並拜臺郎」に作る。「嶺南」は広東省と広西チワン族自治区地方を指す。「臺郎」は尚書省の幹部級にあたる郎中の職。
  • 広 … 嶺南広州。
  • 崔・馬 … 二人とも人物については不明。
  • 御史 … 官名。検察官。
  • 相台 … 尚書省を中台、門下省を東台、中書省を西台とし、三省を合わせて相台と呼んだ。
  • 蘇味道 … 648?~705?。初唐の詩人。趙州らんじょう(河北省)の人。きょうとともに「蘇李」といわれた。また、李嶠・崔融・杜審言とともに「文章四友」と呼ばれる。ウィキペディア【蘇味道】参照。
振鷺纔飛日
しん はじめて
  • 振鷺 … 群れ飛ぶさぎ。『詩経』周頌、振鷺の詩に「振鷺ここに飛ぶ」(振鷺于飛)とあるのに基づく。
  • 纔 … はじめて~したばかり。『全唐詩』では「齊」に作り、「一作纔」とある。
遷鶯遠聽聞
遷鶯せんおう とおちょうぶん
  • 遷鶯 … うぐいすが谷間から出て高い木に移ること。『詩経』小雅、伐木の詩に「木をること丁丁とうとうたり、鳥鳴くこと嚶嚶おうおうたり、幽谷より出でて、喬木に遷る」(伐木丁丁、鳥鳴嚶嚶、出自幽谷、遷于喬木)とあるのに基づく。崔・馬の二人が御史から郎中に昇進したことのたとえ。
明光共待漏
明光めいこう ともろう
  • 明光 … 漢代の宮殿の名。明光殿。
  • 待漏 … 参内さんだいの時刻を待つこと。「漏」は水時計。
清覽各披雲
清覧せいらん 各〻おのおのくもひら
  • 清覧 … 二人の清らかな容姿。一説には天子が二人を見ることという。
  • 覧 … 『全唐詩』では「鑒」に作り、「一作覽」とある。
  • 披雲 … 雲をひらく。晋の楽広がくこうが尚書郎になったとき、衞瓘えいかんが楽広を評して「うんひらいて青天をるが若し」(若披雲霧覩青天)と言ったという『世説新語』賞誉篇にある故事に基づく。
喜得廊廟擧
ろうびょうきょたるをよろこ
  • 廊廟 … 朝廷。
  • 挙 … 推挙。
嗟爲臺閣分
台閣だいかくぶんすをなげ
  • 台閣 … 朝廷の官署の総称。
  • 為分 … 勤務している官署が分かれたこと。
故林懷柏悅
りん 柏悦はくえつおも
  • 故林 … かつていた林。二人がもと勤務していた役所を指す。
  • 柏悦 … 柏の木が茂ること。
  • 悦 … 『全唐詩』には「一作梓」とある。
新握阻蘭薰
新握しんあく 蘭薫らんくんはば
  • 新握 … 新しいカーテン。ここでは、二人の転任先の部屋をいう。
  • 握 … 『全唐詩』では「幄」に作り、「一作握」とある。
  • 蘭薫 … 蘭の香り。蘭台とも呼ばれる今まで勤務していた御史の役所を指す。
冠去神羊影
かんる 神羊しんようかげ
  • 神羊 … かいともいう。一本の角があり、不正の人を見れば攻撃するという想像上の神獣。御史の冠はこれをかたどった。
車迎瑞雉羣
くるまむかう ずいむれ
  • 迎 … 『全唐詩』には「一作連」とある。
  • 瑞雉 … めでたいきじ。親孝行で知られた漢のしょうが尚書郎に任命されたとき、数十羽の雉が毎日彼の出勤を見送り、また退庁も出迎えたという『蒙求』「36蕭芝雉隨」に見える故事に基づく。
遠從南斗外
とおなんそとより
  • 遠従 … 『全唐詩』には「一作獨憐」とある。
  • 南斗外 … 南斗星のさらに彼方。嶺南の地を指す。
遙望列星文
はるかに列星れっせいぶんのぞ
  • 遥 … 『全唐詩』には「一作空」とある。
  • 望 … 『全唐詩』では「仰」に作る。
  • 列星文 … 帝座を示す北極星をめぐってつらなる星の輝き。崔・馬の二人を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行