>   漢詩   >   歴代詩選:晩唐   >   送別二首 其二(魚玄機)

送別二首 其二(魚玄機)

送別二首 其二送別そうべつしゅ
ぎょげん     
  • 〔出典〕 『万首唐人絶句』巻四十、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。歸・飛(平声微韻)。
  • 『全唐詩』巻804所収。ウィキソース「送別二首 其二 (魚玄機)」参照。
  • 送別二首 … 『全唐詩』ではそれぞれ独立して収録している。
  • 魚玄機 … 844~871。晩唐の女流詩人。あざなよう蕙蘭けいらん。長安(陝西省西安市)の人。高級官吏であったおくの側室になったが、その後捨てられ、道観どうかん(道教の寺院)に入ってじょどうとなった。おん庭筠ていいんをはじめ長安の名士たちと親交を結んだ。のちに侍女を殺したため処刑された。森鷗外に小説「魚玄機」がある。青空文庫「魚玄機」参照。
水柔逐器知難定
みずやわらかにしてうつわう さだがたきを
  • 水 … 自分自身に喩える。
  • 柔 … 『全唐詩』には「一作流」との注がある。
  • 器 … 別れた相手に喩える。
  • 逐 … 意に随うこと。
  • 水柔逐器 … 故事成語「水は方円の器に随う」を踏まえている。
  • 難定 … 自分で自分の運命を定めることができない。
雲出無心肯再歸
くもでてこころし えてふたたかえらんや
  • 雲 … 別れた相手に喩える。
  • 雲出無心 … 陶淵明「帰去来の辞」に「雲は無心にして以てしゅうを出で、鳥は飛ぶにみて還るを知る」(雲無心以出岫、鳥倦飛而知還)とあるのに基づく。「岫」は山の岩穴。転じて、深い山あい。峰。
惆悵春風楚江暮
惆悵ちゅうちょうす しゅんぷうこうくれ
  • 惆悵 … 嘆き悲しむこと。
  • 楚江 … 長江(揚子江)の湖南・湖北省一帯の川を指す。「楚」は春秋戦国時代、楚の国が長江中流の地を領有していたことから。
  • 暮 … 夕方。日暮れ。
鴛鴦一隻失群飛
鴛鴦えんおう一隻いっせき れをうしなって
  • 鴛鴦 … おしどり。「鴛」はおしどりの雄、「鴦」は雌。夫婦仲のむつまじいことに喩える。
  • 一隻 … 一羽。
  • 失群飛 … 群れからはぐれて飛んでいること。自分自身の境遇に喩える。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行