>   漢詩 詩人別 :か行   >   送別二首 其一(魚玄機)

送別二首 其一(魚玄機)

送別二首 其一送別そうべつ二首 其一)
ぎょげん     
  • 〔出典〕 『万首唐人絶句』巻四十、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。期・離(平声支韻)、飛(平声微韻)通押。
  • 『全唐詩』巻804所収。ウィキソース「送別二首 其一 (魚玄機)」参照。
  • 送別二首 … 『全唐詩』ではそれぞれ独立して収録している。
  • 魚玄機 … 844~871。晩唐の女流詩人。あざなよう蕙蘭けいらん。長安(陝西省西安市)の人。高級官吏であったおくの側室になったが、その後捨てられ、道観どうかん(道教の寺院)に入ってじょどうとなった。おん庭筠ていいんをはじめ長安の名士たちと親交を結んだ。のちに侍女を殺したため処刑された。森鷗外に小説「魚玄機」がある。青空文庫「魚玄機」参照。
秦樓幾夜愜心期
秦楼しんろ いくか きょうしんせしも
  • 秦楼 … 秦国の楼台。秦の穆公の娘ろうぎょくと、その婿でしょうの名人しょうとの『列仙伝』に見える故事を踏まえる。蕭史は弄玉を娶り、彼女に蕭の吹き方を教え、彼女は鳳凰の鳴き声が吹けるようになった。数年後、鳳凰が蕭の音に誘われて訪れるようになった。穆公は彼らのために鳳台ほうだいを築いてやった。のちに二人は昇天して仙人になったという。「秦楼」はこの鳳台のこと。
  • 愜心 … 満足すること。満足した気持ち。「愜」は飽き足りる。
  • 期 … 期待する。
不料仙郎有別離
はからざりき 仙郎せんろう べつらんとは
  • 不料 … 思いもかけず。
  • 仙郎 … 仙人。ここでは蕭史が昇天して仙人になった故事にかけて、おくを指す。
  • 有別離 … 別れがあるなんて。李億に捨てられた悲しさを表している。
睡覺莫言雲去處
睡覚すいかく かれ くもりしところ
  • 睡覚 … 眠りからさめる。
  • 莫言 … 尋ねてはいけない。『全唐詩』には「一作不嫌」との注がある。
  • 雲 … 雲雨。男女の契りを指す。楚のそうぎょくの「高唐賦」にある「巫山之夢」の故事を踏まえる。楚の懐王が夢の中で巫山の神女と契りを結び、神女が立ち去るとき、「自分は巫山の峰に住み、朝は雲に、夕は雨になります」と告げて姿を消した。翌朝巫山の方を見ると雨雲が渦巻いていたという。
殘燈一醆野蛾飛
残灯ざんとう 一醆いっさん 野蛾やがべり
  • 残灯 … 燃えつきようとする灯。
  • 醆 … 小皿。「盞」と同じ。ここでは灯油と灯心を入れる小皿。
  • 野蛾 … 野辺の蛾。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行