>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   京師得家書(袁凱)

京師得家書(袁凱)

京師得家書
けいにてしょたり
えんがい
  • 〔出典〕 『茗齋集明詩』(『四部叢刊 續編集部』所収)、他
  • 五言絶句。行・郷(平声陽韻)。
  • 京師 … みやこ。首都。この時の首都は南京。
  • 家書 … 家族からの手紙。おそらく妻からの手紙。
  • 袁凱 … 生没年不詳。元末から明初の政治家、詩人。松江県華亭(以前は江蘇省、現在は国の直轄市である上海市)の人。あざなは景文、号は海叟かいそう。洪武三(1370)年、監察御史に任ぜられたが、後に太祖(朱元璋・洪武帝)に憎まれたことを知り、精神病と偽って辞職し帰郷した。「白燕はくえん詩」を作って有名になったので、袁白燕とも呼ばれた。『海叟集』四巻がある。ウィキペディア(中文)【袁凱】参照。
江水三千里
江水こうすい さんぜん
  • 江水 … 長江の流れ。
  • 三千里 … 都の南京から作者の故郷、松江県華亭までの距離。ただし、「白髪三千丈」などと同様、距離の遠さを誇張した表現。
家書十五行
しょ じゅうぎょう
  • 家書十五行 … 妻からの手紙はわずか十五行しかない。
行行無別語
行行ぎょうぎょう べつ
  • 行行 … (十五行の)どの行にも。毎行。
  • 別語 … ほかの言葉。
只道早歸郷
う はやきょうかえれと
  • 只 … ただ~だけだ。
  • 道 … 言う。俗語。
  • 郷 … 郷里。
  • 帰 … 『茗齋集明詩』(『四部叢刊 續編集部』所収)等では「還」に作る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行