>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   新荘漫興(李夢陽)

新荘漫興(李夢陽)

新莊漫興
新荘しんそうまんきょう
夢陽ぼうよう
  • 〔出典〕 『空同集』巻三十四(『四庫全書』所収)、他
  • 五言絶句。行・郷(平声陽韻)。
  • 新荘 … 新築の山荘。
  • 漫興 … 何となく感興を催すこと。「漫」は、そぞろに。何となく。「興」は感興。興味がわいてくること。
  • 李夢陽 … 1472~1529。明の文人。慶陽(甘粛省)の人。あざな献吉けんきつ、号は空同。弘治六(1493)年、進士に及第。官僚としては不遇に終わった。詩文の模範とすべきものとして「文は秦漢、詩は盛唐」を主張し、復古主義を唱えた。著に『空同集』六十六巻がある。明代前半の文学者、景明けいめいじょ禎卿ていけい辺貢へんこう、康海、王九思、王廷相とともに「前七子」の一人。ウィキペディア(中文)【李夢陽】参照。
昨來杏花紅
昨来さくらい きょう くれない
  • 昨来 … 昨日から。
  • 杏花 … アンズの花。アンズはバラ科の落葉高木。ウィキペディア【アンズ】参照。
  • 紅 … 赤く咲いた。
今來楝花赤
今来こんらい れん あか
  • 今来 … 通常は「今まで」という意であるが、ここでは「今日きょうは」の意。
  • 楝花 … オウチの花。オウチはセンダン科の落葉高木。栴檀せんだん。ウィキペディア【センダン】参照。
  • 赤 … 赤く咲いた。
一花復一花
いっ いっ
  • 一花 … 一つの花。
  • 一花復一花 … 一つの花からまた一つの花へ。
坐見歳年易
そぞろに歳年さいねんわるを
  • 坐見 … 何となくわかる。ふと気がつく。「坐」は「漫」の字の訓と同じ。
  • 歳年 … 年月。
  • 易 … 移り変わる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行