>   漢詩   >   歴代詩選:明   >   竹枝詞十二首 其四(袁宏道)

竹枝詞十二首 其十二(袁宏道)

竹枝詞十二首 其十二
ちくじゅうしゅ じゅう
えん宏道こうどう
  • 〔出典〕 『(梨雲館類定)袁中郎全集』巻九(『和刻本漢詩集成19 補篇第三輯』所収)、他
  • 七言絶句。然・川・銭(平声先韻)。
  • 竹枝詞 … 元は四川の巴峡あたりの民謡。唐代になって白居易や劉禹錫が新しい民謡調の作品を作り始めたことから、後に地方色豊かな情歌風の七言絶句をこう呼ぶ。
  • 万暦二十四(1596)年三月、乾清けんせいきゅう坤寧こんねいきゅうの両宮が焼失。翌年六月、こうきょく殿でんちゅうきょく殿でんけんきょく殿でんの三殿も焼失した。神宗しんそう万暦帝ばんれきてい)はそれらを再建させるため、各地の巨木を都へ運搬させた。この詩は、このときの人民の労苦を歌っている。なお、後に皇極殿はたい殿でんに、中極殿はちゅう殿でんに、建極殿は殿でんに改称された。
  • 袁宏道 … 1568~1610。明の詩人。公安県(湖北省)の人。あざなは中郎。号は石公。兄の宗道、弟の中道とともに「三袁」と呼ばれる。万暦二十(1592)年、進士に及第。反擬古主義を唱えた。出身地の名をとって、彼の一派を公安派という。『袁中郎全集』がある。ウィキペディア【袁宏道】参照。
賈客相逢倍惘然
かくあいうて 倍〻ますます惘然ぼうぜん
  • 賈客 … 商人。
  • 相逢 … 顔を合わせると。
  • 倍 … ますます。ふだんの日よりいっそう。
  • 惘然 … がっくりと気落ちした様子。
楩楠杞梓下西川
べんなん 西川せいせんくだ
  • 楩 … 南方に生える楠に似た高木。材質が硬く、建築材料として使用される。
  • 楠 … くすのき。クスノキ科の常緑高木。香りがよく、材からしょうのうを採る。ウィキペディア【クスノキ】参照。
  • 杞 … おうち。楠に似た高木。木目が細かくなめらか。材木は家具などに使用される。
  • 梓 … ノウゼンカズラ科の落葉高木。建築材料として使用される。ウィキペディア【】参照。
  • 西川 … 今の四川省をいう。
  • 下 … 筏で川を下る。
青天處處橫璫乕
青天せいてん 処処しょしょ とうほしいままにして
  • 青天 … 青空。
  • 処処 … あちこち。いたるところ。
  • 璫虎 … 虎のような宦官。「璫」は宦官が耳につける耳玉。「虎」は宦官の凶暴性に喩える。
  • 横 … ほしいままにする。横暴。横行。
鬻女陪男償税錢
むすめひさぎ おのこばいし 税銭ぜいせんつぐな
  • 女 … 娘。
  • 鬻 … 売る。
  • 男 … 男の子。
  • 陪 … 男の子を売った金で賠償する。代償とする。「賠」と同じ。
  • 税銭 … 税金。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行