>   論語   >   子張第十九   >   12

子張第十九 12 子游曰子夏之門人小子章

483(19-12)
子游曰。子夏之門人小子。當洒掃應對進退。則可矣。抑末也。本之則無。如之何。子夏聞之曰。噫。言游過矣。君子之道。孰先傳焉。孰後倦焉。譬諸草木。區以別矣。君子之道。焉可誣也。有始有卒者。其唯聖人乎。
ゆういわく、子夏しか門人もんじんしょうは、洒掃さいそう応対おうたい進退しんたいあたりては、すなわなり。そもそすえなり。これもとづくるはすなわし。これ如何いかん子夏しかこれきていわく、ああ言游げんゆうあやまてり。くんみちは、いずれをかさきにしてつたえ、いずれをかのちまん。これ草木そうもくにしてもっべつあるにたとう。くんみちは、いずくんぞうべけんや。はじおわものは、聖人せいじんか。
現代語訳
  • 子游 ――「子夏の弟子の若い者たちは、庭はきや、応対、取りつぎなどは、まあいい。だが末のことだ。大もととなると、なんにもない。どうしたことか…。」子夏がそれをきき ――「いや、子游はまちがってる。人物をつくるには、どれを先に教え、どれをあとまわしにできよう…。ただ草木を、植え場所で区別するようなものだ。人物をつくるには、無理押しではダメなんだ。もとも末もできているのは、聖人だけだろうからね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子游がいった。――
    「子夏の門下の青年たちは、掃除や、応対や、いろんな作法などはなかなかうまくやっている。しかし、そんなことはそもそも末だ。根本になることは何も教えられていないようだが、いったいどうしたというのだろう」
    子夏がそれをきいていった。――
    「ああ、言游もとんでもないまちがったことをいったものだ。君子が人を導くには、何が重要だから先に教えるとか、何が重要でないから当分ほっておくとか、一律にきめてかかるべきではない。たとえば草木を育てるようなもので、その種類に応じて、取りあつかいがちがっていなければならないのだ。君子が人を導くのに、無理があっていいものだろうか。道の本末がすべて身についているのは、ただ聖人だけで、一般の人々には、その末になることさえまだ身についていないのだから、むしろそういうことから手をつけるのが順序ではあるまいか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子游 … 姓はげん、名はえん、子游はあざな。呉の人。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子夏とともに文章・学問に優れているとされた。ウィキペディア【子游】参照。
  • 子夏 … 姓はぼく、名は商、あざなは子夏。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 小子 … 年少者。
  • 抑 … そもそも。
  • 言游 … 「言」は子游の姓。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十