>   論語   >   子張第十九   >   11

子張第十九 11 子夏曰大德不踰閑章

482(19-11)
子夏曰。大德不踰閑。小德出入可也。
子夏しかいわく、大徳だいとくのりえざれば、しょうとく出入しゅつにゅうすともなり。
現代語訳
  • 子夏 ――「大もとをふみはずさねば、ちいさなキズはかまわない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子夏の言うよう、「君に忠、父母に孝というような根本の大道徳がどうに乗っていれば、応対おうたい進退しんたいのごとき末節まっせつに多少のいりがあってもさしつかえない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子夏がいった。――
    「大徳が軌道をはずれていなければ、小徳は多少の出入りがあっても、さしてとがむべきではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子夏 … 前507?~前420?。姓はぼく、名は商、あざなは子夏。衛の人。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 大徳 … 大きな徳目。優れた節操。大節たいせつ
  • 閑 … 「のり」と読む。道徳的軌範。法則。規制。
  • 踰 … 踏み越える。逸脱する。
  • 小徳 … 小さな徳目。小さな礼節。小さな節義。小節。
補説
  • 子夏 … 『孔子家語』七十二弟子解に「卜商は衛人えいひとあざなは子夏。孔子よりわかきこと四十四歳。詩を習い、能く其の義に通ず。文学を以て名を著す。人と為り性弘からず。好みて精微を論ず。じん以て之にくわうる無し。嘗て衛に返り、史志を読る者を見る。云う、晋の師、秦を伐つ。さん河を渡る、と。子夏曰く、非なり。がいのみ。史志を読む者、これを晋の史に問う。果たして己亥と曰う。是に於いて衛、子夏を以て聖と為す。孔子しゅっして後、西河のほとりに教う。魏の文侯、之に師事して国政をはかる」(卜商衞人、字子夏。少孔子四十四歳。習於詩、能通其義。以文學著名。爲人性不弘。好論精微。時人無以尚之。嘗返衞見讀史志者。云、晉師伐秦。三豕渡河。子夏曰、非也。己亥耳。讀史志者、問諸晉史。果曰己亥。於是衞以子夏爲聖。孔子卒後、教於西河之上。魏文侯師事之、而諮國政焉)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「卜商あざなは子夏。孔子よりわかきこと四十四歳」(卜商字子夏。少孔子四十四歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 大徳 … 『集注』に「大徳、小徳は、猶お大節、小節と言うがごとし」(大德小德、猶言大節小節)とある。
  • 閑 … 『集解』に引く孔安国の注に「閑は、猶お法のごときなり」(閑、猶法也)とある。『集注』に「閑は、らんなり。物の出入するを止むる所以なり」(閑、闌也。所以止物之出入)とある。「闌」は柵のこと。
  • 不踰 … 「えずんば」と読んでもよい。また「えず」と切る読み方もある。
  • 小徳 …『集解』に引く孔安国の注に「小徳は法を踰えざること能わず。故に曰く、出入すとも可なり、と」(小德不能不踰法。故曰出入可)とある。
  • 『集注』に「言うこころは人能く先ず其の大なる者を立てれば、則ち小節或いは未だ尽くは理に合せずと雖も、亦た害無きなり」(言人能先立乎其大者、則小節雖或未盡合理、亦無害也)とある。
  • 伊藤仁斎は「けだかならしんかならなるのしょうじんにくむなり」(蓋惡夫必信必果之小人也)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「けだ古者いにしえ徳を以て教えと為す。父につかうるを孝と曰い、兄につかうるをていと曰うの類は、大徳なり。色のかたちれいしゅくかたち清明せいめいのごときは、是れ小徳なり」(蓋古者以德爲教。事父曰孝。事兄曰弟之類。大德也。如色容厲肅。視容清明。是小德也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十