>   論語   >   微子第十八   >   3

微子第十八 3 齊景公待孔子章

463(18-03)
齊景公待孔子曰。若季氏。則吾不能。以季孟之間待之。曰。吾老矣。不能用也。孔子行。
せい景公けいこうこうつにいわく、季氏きしのごとくするは、すなわわれあたわず。もうかんもっこれたん。いわく、われいたり。もちうることあたわざるなりと。こうる。
現代語訳
  • 斉(セイ)の景(殿)さまが孔先生の待遇について ――「(魯の一の家老の)季氏なみには、わしはしてやれない。季氏と(末の家老の)孟氏の中間の待遇にしよう。」また ――「わしも先がみじかい。使いこなせまいて…。」孔先生は去った。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • せい景公けいこうが、先師を採用するにつき、その待遇のことでいった。――
    「季氏ほどに待遇してやることは、とても力に及ばないので、季氏と孟氏との間ぐらいのところにしたいと思う」
    しかし、あとになって、またいった。
    「自分も、もうこの老年になっては、孔子のような遠大な理想をもっている人を用いても仕方があるまい」
    先師はそのことをもれ聞かれて、斉の国を去られた。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 斉 … 周代に太公望りょしょうの建てた国。今の山東省に存在した。桓公の代に管仲を用いて覇者となった。ウィキペディア【斉 (春秋)】参照。
  • 景公 … 春秋時代、斉の君主。在位前547~前490。霊公の子、荘公の弟。名はしょきゅう。ウィキペディア【景公 (斉)】参照。
  • 待 … 待遇する。
  • 季氏 … 魯の国の大夫、季孫氏。三桓の中で最も勢力があった。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 季孟之間 … 季氏と孟氏の中間の待遇。
  • 行 … 去と同じ。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十