>   論語   >   微子第十八   >   2

微子第十八 2 柳下惠爲士師章

462(18-02)
柳下惠爲士師。三黜。人曰。子未可以去乎。曰。直道而事人。焉往而不三黜。枉道而事人。何必去父母之邦。
りゅうけい士師ししりて、たびしりぞけらる。ひといわく、いまもっるべからざるか。いわく、みちなおくしてひとつかうれば、いずくくとしてたびしりぞけられざらんや。みちげてひとつかうれば、なんかならずしも父母ふぼくにらん。
現代語訳
  • 柳下恵が司法官になり、なんどもクビになった。人が ――「あなたももうこの国に見きりをつけては…。」といえば、――「道理を守って勤務すれば、どこにいったってなんべんもクビになりますよ。道理をまげて勤務するくらいなら、なにも生まれ故郷をすてなくたって…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 柳下恵が法官となって三たびその職を免ぜられた。ある人が彼にいった。――
    「どうしてこんな国にぐずぐずしておいでです。さっさとお去りになったらいいでしょうに」
    柳下恵がこたえた。――
    「どこの国に行ったところで、正道をふんでご奉公をしようとすれば、三度ぐらいの免職は覚悟しなければなりますまい。免職がおそろしさに正道をまげてご奉公するぐらいなら、何も父母の国をすてて、わざわざ他国に行く必要もなかろうではありませんか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 柳下恵 … 魯の賢人。姓は展、名は獲。あざなきん。展季とも呼ばれた。柳下に住んだという。恵はおくりな
  • 直道 … 主義を曲げない。
  • 枉道 … 主義を曲げる。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十