>   論語   >   微子第十八   >   4

微子第十八 4 齊人歸女樂章

464(18-04)
齊人歸女樂。季桓子受之。三日不朝。孔子行。
斉人せいひと女楽じょがくおくる。かんこれけて、三日さんじつちょうせず。こうる。
現代語訳
  • 斉(セイ)の国から女歌劇をよこした。(魯の家老の)季桓(カン)はそれをもらい、三日も御殿に出ない。孔先生は去った。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • の国が孔子様を用いて、国が大いに治まったので、隣国のせいが恐れて、これをさまたげようと思い美人八十人の歌舞団を送ってよこした。たいかんが喜び受けこれにうつつを抜かして三日も政務を見なかった。孔子様はせっかく魯の国を振興しんこうしようとした望みを失い、辞職して国を去った。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 斉が、魯の君臣を誘惑してその政治をみだすために、美人の歌舞団をおくった。魯の権臣かんが喜んでこれをうけ、君臣ともにこれに見ほれて、三日間朝政を廃するにいたったので、先師はついに職を辞して魯を去られた。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 斉 … 周代に太公望りょしょうの建てた国。今の山東省に存在した。桓公の代に管仲を用いて覇者となった。ウィキペディア【斉 (春秋)】参照。
  • 女楽 … 女性の歌舞楽団。
  • 帰 … 「おくる」と読む。贈り物をする。「」に同じ。
  • 季桓子 … 魯の国の大夫、季孫氏。名は斯。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 不朝 … 朝廷に出ない。参内さんだいしない。
  • 行 … ここでは「さる」と読む。去る。
補説
  • この章は魯の定公ていこう十四年、孔子五十六歳の出来事である。『史記』孔子世家に詳しく記されている。ウィキソース「史記/卷047」参照。『集注』に「史記を按ずるに、定公の十四年、孔子魯の司寇と為りて、しょう摂行せっこうす。斉人せいひとおそれ、女楽をおくり以て之をはばむ」(按史記、定公十四年、孔子爲魯司寇、攝行相事。齊人懼、歸女樂以沮之)とある。「しょう」は宰相が行う仕事のこと。「摂行せっこう」は職務を代行すること。
  • 女楽 … 『史記』孔子世家には「ここいて、斉の国中こくちゅうの女子のみめよき者八十人を選び、みな文衣をせて康楽こうがくを舞わせ、文馬三十、魯君におくる」(於是、選齊國中女子好者八十人、皆衣文衣而舞康樂、文馬三十駟、遺魯君)とある。
  • 帰 … 『集注』に「帰は、字のごとし。或いはに作る」(歸、如字。或作饋)とある。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「桓子は、季孫斯なり。定公をして斉の女楽を受けしむ。君臣そうに之を観る。朝礼を廃すること三日なり」(桓子、季孫斯也。使定公受齊之女樂。君臣相與觀之。廢朝禮三日)とある。「相与」は「あいともに。お互いに」の意。
  • 『集注』に引く尹焞いんとんの注に「女楽を受けて政事を怠ることかくのごとし。其の賢をあなどり礼を棄つる、ともに為す有るに足らざること知るべし。夫子所以ゆえんなり。所謂いわゆる幾を見てち、日の終うるをたざる者か」(受女樂而怠於政事如此。其簡賢棄禮、不足與有爲可知矣。夫子所以行也。所謂見幾而作、不俟終日者與)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十