>   論語   >   子路第十三   >   10

子路第十三 10 子曰苟有用我者章

312(13-10)
子曰、苟有用我者、期月而已可也。三年有成。
いわく、いやしくもわれもちうるものらば、げつのみにしてなり。三年さんねんにしてることらん。
現代語訳
  • 先生 ――「使ってくれる人があったら、一年だけでもいいんだ。三年だと、完全だが。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「もしわしを用いて政治をやらせてくれる人があるならば、一年でもけっこうじゃ。三年もあったらりっぱに成績を挙げてみせるのだがなあ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「もし私を用いて政治をやらせてくれる国があったら、一年で一通りのことはできるし、三年もあったら申し分のないところまで行けるのだが」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 苟 … 「いやしくも」と読み、「もし~だったら」「かりに~」と訳す。順接の仮定条件の意を示す。
  • 期月 … 満一か年。
  • 而已 … 「のみ」と読み、「~だけ」と訳す。強い限定・断定の意を示す。
  • 可也 … 十分ではないが、まあよかろう。
  • 有成 … 立派な実績を挙げることができる。
補説
  • 期月 … 『集注』に「期月は、周一歳の月を謂うなり」(期月、謂周一歳之月也)とある。「期」は「朞」に作るテキストもある。同義。
  • 而已 … 荻生徂徠は「已を既と訓ず。世多く而已を以て耳と為す。非なり」(已訓既。世多以而已爲耳。非矣)と言い、「げつにしてすでなり」と読み替えている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 可也 … 『集注』に「可は、きん。綱紀の布くを言うなり」(可者、僅辭。言綱紀布也)とある。
  • 有成 … 『集注』に「成ること有りは、治功の成るなり」(有成、治功成也)とある。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「言うこころは誠に我を政事に用うる者有らば、期月にして以て其の政教を行うべし。必ず三年にして乃ち成功すること有らん」(言誠有用我於政事者、期月而可以行其政教。必三年乃有成功)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十