>   論語   >   子罕第九   >   12

子罕第九 12 子貢曰有美玉於斯章

217(09-12)
子貢曰、有美玉於斯。韞匵而藏諸。求善賈而沽諸。子曰、沽之哉、沽之哉。我待賈者也。
こういわく、ここぎょくり。とくおさめてこれぞうせんか。ぜんもとめてこれらんか。いわく、これらんかな、これらんかな。われものなり。
現代語訳
  • 子貢 ―― 「きれいな宝石があります。箱にしまっておきましょうか、いい値段で売りましょうか。」先生 ――「売るんだな。売るんだな。わしも売り物に出てるよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • こうが「ここに美しい玉がありますが、ひつに入れてしまっておきましょうか、あるいはい買い手をさがして売りましょうか。」と言ったところ、孔子様がおっしゃるよう、「売ろうとも、売ろうとも、わしは買い手を待っているのじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子貢が先師にいった。――
    「ここに美玉があります。箱におさめて大切にしまっておきましょうか。それとも、よい買手を求めてそれを売りましょうか」
    先師はこたえられた。――
    「売ろうとも、売ろうとも。私はよい買手を待っているのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 美玉 … 美しい宝石。孔子を美玉で喩えている。
  • 匵 … 箱。
  • 韞 … おさめる。しまっておく。
  • 蔵諸 … 「蔵之乎」に同じ。しまっておきましょうか。
  • 善賈 … よい商人。ここでは、よい君主に喩える。
  • 沽 … 「沽」には「売る」「買う」の両方の意味があるが、ここでは「売る」の意。
  • 沽之哉、沽之哉 … 売ろうとも、売ろうとも。
補説
  • 子貢 … 『史記』仲尼弟子列伝に「端木賜は、衛人えいひとあざなは子貢、孔子よりわかきこと三十一歳。子貢、利口巧辞なり。孔子常に其の弁をしりぞく」(端木賜、衞人、字子貢、少孔子三十一歳。子貢利口巧辭。孔子常黜其辯)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。また『孔子家語』七十二弟子解に「端木賜は、あざなは子貢、衛人。口才こうさい有りて名を著す」(端木賜、字子貢、衞人。有口才著名)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。
  • 有美玉於斯 … 『義疏』に「子貢は孔子の聖徳、蔵用の何如を観んと欲す。故に事に託して以てそうを諮るなり。美玉は、孔子の聖道に譬うるなり。言うこころは孔子は聖道有りて重かる可し。世間は美玉有りて此に在るが如きなり」(子貢欲觀孔子聖德藏用何如。故託事以諮臧否也。美玉、譬孔子聖道也。言孔子有聖道可重。如世閒有美玉而在此也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 韞匵而蔵諸 … 『集解』に引く馬融の注に「うんは、蔵なり。とくは、なり。これとくちゅうおさむ」(韞、藏也。匵、匱也。藏諸匵中)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「諸は、之なり。うんは、之をつつむなり。とくは、匣櫃こうひつ之れを謂うなり」(諸、之也。韞、裹之也。匵、謂匣櫃之也)とある。また『集注』に「うんは、おさむるなり。とくは、なり」(韞、藏也。匵、匱也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 求善賈而沽諸 … 『集解』に引く馬融の注に「沽は、売なり。善賈を得て、寧ろ之を売らんか」(沽、賣也。得善賈、寧賣之耶也)とある。また『義疏』に「善賈は、貴賈なり。沽は、売るなり。言うこころは孔子の聖道、美玉の此に在るが如し。為に当に韞匣して之を蔵すべし。為に当に貴賈を得て之を売らんとすべきやいなや。し人有りて聖道を請い求めなば、為に当に之を与うべきやいなや」(善賈、貴賈也。沽、賣也。言孔子聖道如美玉在此。爲當韞匣而藏之。爲當得貴賈而賣之不乎。假有人請求聖道、爲當與之不耶)とある。また『集注』に「沽は、売るなり」(沽、賣也)とある。
  • 沽之哉 … 『集解』に引く包咸の注に「之をらんかなは、衒売げんばいせざるの辞なり」(沽之哉、不衒賣之辭也)とある。衒売は、商人が品物の外見をよく見せたり、ほめたりして売り込むこと。また『義疏』に「答えて云う、我は之を衒売せざる者なり、と。故に重ねて云う、之を沽らんかな、と。衒売せざることの深きを明らかにするなり」(答云、我不衒賣之者也。故重云、沽之哉。明不衒賣之深也)とある。
  • 我待賈者也 … 『集解』に引く包咸の注に「我は居りて賈を待つ者なり」(我居而待賈者也)とある。また『義疏』に「又た言う、我衒売せずと雖も、然れども我も亦た貴賈を待つのみ、と。求むる者有らば、則ち之に与うるなり」(又言、我雖不衒賣、然我亦待貴賈耳。有求者、則與之也)とある。また『集注』に「子貢、孔子の道有りて仕えざるを以て、故に此の二端を設けて以て問うなり。孔子言う、固より当に之を売るべし。但だ当に賈を待つべくして、当に之を求むべからざるのみ、と」(子貢以孔子有道不仕、故設此二端以問也。孔子言固當賣之。但當待賈、而不當求之耳)とある。
  • 『集注』に引く范祖禹の注に「君子は未だ嘗て仕えんことを欲せずんばあらざるなり。又た其の道に由らざるを悪む。士の礼を待つは、猶お玉の賈を待つがごとし。伊いんの野に耕し、伯夷太公の海浜に居るが若きは、世に成湯文王無ければ、則ちここに終らんのみ。必ず道をげて以て人に従い、玉をてらいてれんことを求めざるなり」(君子未嘗不欲仕也。又惡不由其道。士之待禮、猶玉之待賈也。若伊尹之耕於野、伯夷太公之居於海濱、世無成湯文王、則終焉而已。必不枉道以從人、衒玉而求售也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「論に曰く、范氏の論当たれり。……若し夫れとくおさめてぞうす者は、乃ち異端の流れ、狷介けんかいの士の好む所にして、儒者の道に非ざるなり」(論曰、范氏之論當矣。……若夫韞匵而藏者、乃異端之流、狷介之士所好、而非儒者之道也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「善賈とは、賈人の善なる者なり。……邢昺の以て善価と為してよりして、朱子之に因り、おんとす。……当に賈人を謂うなるべし。未だあたいを貴くする、之を善価と謂うことを聞かず。謬れりと謂う可し。……是れ玉は識り難し、故に必ず賈人を待つ、古えの道なり」(善賈者、賈人之善者也。……自邢昺以爲善價、而朱子因之、音嫁。……當謂賈人。未聞貴價謂之善價。可謂謬矣。……是玉難識、故必待賈人、古之道也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十