>   論語   >   季氏第十六   >   6

季氏第十六 6 孔子曰侍於君子有三愆章

426(16-06)
孔子曰。侍於君子有三愆。言未及之而言。謂之躁。言及之而不言。謂之隱。未見顏色而言。謂之瞽。
こういわく、くんするに三愆さんけんり。げんいまこれおよばずしてう、これそうう。げんこれおよびてわず、これいんう。いまがんしょくずしてう、これう。
現代語訳
  • 孔先生 ――「目上の人のそばでの、落ちどが三つある。なにもいわれないのに口をきくのは、軽はずみだ。なにかいわれてもだまっているのは、うしろぐらい。顔つきも見ないでいうのは、まるで※※※だ。」(「※※※」部分は、現在視覚障害者を指す差別用語といわれているため、伏せ字とした。)(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子のそばにいて犯しやすい過ちが三つある。まだ口をきくべき時でないのに口をきく、これは軽はずみというものだ。口をきくべき時に口をきかない、これはかくすというものだ。顔色を見、気持を察することなしに口をきく、これは向う見ずというものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 愆 … あやまち。
  • 瞽 … 目の見えない人。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十