>   論語   >   衛霊公第十五   >   38

衛霊公第十五 38 子曰有教無類章

417(15-38)
子曰。有教無類。
いわく、おしりてるいし。
現代語訳
  • 先生 ――「教育のまえに、差別はない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「人は教育によって善とも悪ともなるもので、はじめから善人悪人の類別があるわけではない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「人間を作るのは教育である。はじめから善悪の種類がきまっているのではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 教 … 教育。
  • 類 … 種類。
補説
  • この章は「陽貨第十七2」と内容的に近い。
  • 『集注』に「人の性は皆善なれども、其の類に善悪の殊有る者は、気習の染なり。故に君子教え有れば、則ち人皆以て善に復すべくして、当に復た其の類の悪を論ずべからず」(人性皆善、而其類有善惡之殊者、氣習之染也。故君子有教、則人皆可以復於善、而不當復論其類之惡矣)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十