>   論語   >   衛霊公第十五   >   39

衛霊公第十五 39 子曰道不同章

418(15-39)
子曰、道不同、不相爲謀。
いわく、みちおなじからざれば、あいためはからず。
現代語訳
  • 先生 ――「方向がちがえば、相談はしない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「根本主義が違っては相談にならぬ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「志す道がちがっている人とは、お互いに助けあわぬがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 道 … 志す道。進む道。目的。
  • 不同 … 同じではない。
  • 不相為謀 … お互いに相談し合うことはできない。「謀」は細かくはかり考えること。謀慮。
補説
  • 不同 … 『集注』に「同じからずとは、善悪邪正の異なれるがごとし」(不同、如善惡邪正之異)とある。
  • 伊藤仁斎は「人各〻おのおの術業有り。いやしくも己の道に非ずしてあいために謀るは、則ち惟だ人の職を犯すのみに非ず、必ず其の事を敗る。故に聖人之を戒む」(人各有術業。苟非己道而相爲謀焉、則非惟犯人之職、必敗其事。故聖人戒之)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「道は道術を謂うなり。道同じからずとは、しゃぎょと、及びしょうてき琴瑟きんしつとのごとき、是れなり。吾が素習する所に非ざるは、則ち其の事にくわしからず。故にあいために謀らず。其の事をやぶらんことを恐るればなり。朱註に、善悪邪正の類のごとしと。是れ必ずしも然らず」(道謂道術也。道不同者。如射與御。及笙笛與琴瑟。是也。非吾所素習。則不精其事。故不相爲謀。恐壞其事也。朱註。如善惡邪正之類。是不必然)と言う。「道術」とは学問技芸のこと。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十