>   論語   >   衛霊公第十五   >   36

衛霊公第十五 36 子曰君子貞而不諒章

415(15-36)
子曰。君子貞而不諒。
いわく、くんていにしてりょうならず。
現代語訳
  • 先生 ――「できた人は堅いが、ガンコではない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は、道理の正しいところは固く守って動かぬが、理非りひ曲直きょくちょくえらばずに初一念に執着しゅうじゃくするようなことはない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は正しいことに心変りがしない。是も非もなく心変りがしないのではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 貞 … 正しい。変わらない正しさ。
  • 諒 … 小さな信義。かたくなな義理立て。
補説
  • 貞 … 『集解』に引く孔安国の注に「貞は、正」(貞、正)とある。『集注』に「貞は、正しくして固なり」(貞、正而固也)とある。しかし、荻生徂徠は『集解』『集注』ともに否定し、「みななり。けだていとはうちそんするものへんぜざるをうなり。貞女ていじょていのごとき、もっるべきのみ」(皆非矣。蓋貞者謂存於内者之不變也。如貞女之貞。可以見已)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 諒 … 『集解』に引く孔安国の注に「諒は、信なり」(諒、信也)とある。『集注』に「諒は、則ち是非を択ばずして信を必とす」(諒、則不擇是非而必於信)とある。荻生徂徠は「りょうとは、しんぜらるることをひともとむるをうなり」(諒者。謂求信於人也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十