>   論語   >   衛霊公第十五   >   17

衛霊公第十五 17 子曰君子義以爲質章

396(15-17)
子曰。君子義以爲質。禮以行之。孫以出之。信以成之。君子哉。
いわく、くんもっしつし、れいもっこれおこない、そんもっこれいだし、しんもっこれす。くんなるかな。
現代語訳
  • 先生 ――「よくできた人は正義を根本とし、礼儀のある態度で、つつましく発表し、誠実にまとめあげる。人物だなあ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子が事をすには、どうをもって土台とする。しかし道義一点いってんりで押し通そうとすると、人の感情を害してかえって道義が通らぬ故、礼をもってほどよくこれを行い、したがって言葉を出すにも謙遜けんそんをむねとし、言行げんこういっの信をもって道義をじょうじゅする。それでこそ君子なれ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は道義を自分の本質とし、礼にかなってそれを実行にうつし、へりくだってそれを言葉にあらわし、誠意を貫いてその社会的実現を期する。それでこそ君子だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 義 … 正義。道義。筋を通すこと。
  • 質 … 本質。根本。
  • 礼 … 礼儀。伝統的な習慣。
  • 之 … 「行之」「出之」「成之」、三つとも「義」を指す。
  • 行 … 実行する。
  • 孫 … 謙遜。「孫」は「遜」に同じ。
  • 出 … 発言する。
  • 信 … 信義。誠意。社会的信用。
  • 成 … 完成する。
補説
  • 義 … 『集注』に「義は、事を制するの本。故に以て質幹と為す。而して之を行うに必ず節文有り、之を出だすに必ず退遜を以てし、之を成すに必ず誠実在り。乃ち君子の道なり」(義者、制事之本。故以爲質幹。而行之必有節文、出之必以退遜、成之必在誠實。乃君子之道也)とある。
  • 義以為質 … 『集解』に引く鄭玄の注に「義以て質と為すは、操行を謂う」(義以爲質、謂操行)とある。「操行」は品行のこと。
  • 孫 … 『義疏』では「遜」に作る。
  • 孫以出之 … 『集解』に引く鄭玄の注に「孫以て之を出だすは、言語を謂う」(孫以出之、謂言語)とある。
  • 『集注』に引く程こう(もしくは程)の注に「義以て質と為すは、質幹の如く然り。礼此を行い、孫此を出だし、信此を成す。此の四句は、只だ是れ一事、義を以て本と為す」(義以爲質、如質幹然。禮行此、孫出此、信成此。此四句、只是一事、以義爲本)とある。
  • 『集注』に引く程こうの注に「敬以て内を直くすれば、則ち義以て外を方にす。義以て質と為せば、則ち礼以て之を行い、孫以て之を出だし、信以て之を成す」(敬以直内、則義以方外。義以爲質、則禮以行之、孫以出之、信以成之)とある。
  • 伊藤仁斎は「論に曰く、聖門仁義を以て並べ称して、仁を大なりと為せり。而るに此に義以て質と為すと曰える者は、何ぞや。蓋し義は聖人の大用、万事の其の理を得て、人道の禽獣に別なる所以なり。時有りて仁よりも重し。故に曰えり、義以て上と為す、と。又曰えり、義に之れともしたがう、と。若し夫れ仏老の徒、道にたがう所以の者は、義の至重なるを知らざるが故なり」(論曰、聖門以仁義並稱、而仁爲大焉。而此曰義以爲質者、何也。蓋義者聖人之大用、萬事之所以得其理、而人道之別於禽獸也。有時而重於仁。故曰、義以爲上。又曰、義之與比。若夫佛老之徒、所以差道者、不知義之至重故也)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「君子は、卿大夫を指す。而して朝聘の事を以て之を言う。蓋し朝聘の事は、当時の卿大夫の重務なり。仁なる者は、君道なり。義なる者は、臣道なり。故に政を語るときは則ち仁を言う。朝聘は君命を奉じて以て行う。臣の事なり。故に義以て質と為すと曰う。……仁斎曰く、聖門仁義を以て並称す。……殊に知らず仁義並称するは、孟子よりはじまり、而して孔門子思ししに至って、礼義並称せしことを」(君子。指卿大夫。而以朝聘之事言之。蓋朝聘之事。當時卿大夫重務也。仁者。君道也。義者。臣道也。故語政則言仁。朝聘奉君命以行。臣之事也。故曰義以爲質。……仁齋曰。聖門以仁義並稱。……殊不知仁義並稱。昉自孟子。而孔門至子思。禮義並稱矣)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十