>   論語   >   衛霊公第十五   >   18

衛霊公第十五 18 子曰君子病無能焉章

397(15-18)
子曰。君子病無能焉。不病人之不己知也。
わく、くんのうきをうれう。ひとおのれらざるをうれえざるなり。
  • 学而第一16」「里仁第四14」「憲問第十四32」と同じ趣旨。
  • 能 … 才能。能力。
  • 無能 … 「のうを」、「くすることきを」と読んでもよい。
  • 病 … 患と同じ。くよくよと気にする。心配する。
  • 『集解』に引く包咸の注として「君子の人、但だ聖人の道無きをうれう。人の己を知らざるをうれえず」(君子之人、但病無聖人之道。不病人之不知己)とある。
  • 『集注』にはこの章の注がない。
  • 伊藤仁斎は「此れ夫子の家法、学者のまさに務むべき所なり」(此夫子之家法、學者之所當務也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「のうは才能を謂うなり。……是れ人を官にするはのうを以てす。いにしえの道なり。……道学先生の徒、其の意多く徳を貴びて能をいやしみ、人人聖人とらんことを欲す。あにに是の理有らんや」(能謂才能也。……是官人以能。古之道也。……道學先生之徒。其意多貴德而賤能。欲人人爲聖人。豈有是理)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、君子たるべき者は、自分に才能のないことを心配して、学を修め徳に進まんことを思うが、人が自分を知らないことを心配しない」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。君子は自分に能力のないのを苦にする。しかし、人が自分を知ってくれないのを苦にしないものだ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十