>   論語   >   衛霊公第十五   >   16

衛霊公第十五 16 子曰羣居終日章

395(15-16)
子曰。羣居終日。言不及義。好行小慧。難矣哉。
いわく、群居ぐんきょしゅうじつげんおよばず、このんでしょうけいおこなう。かたいかな。
現代語訳
  • 先生 ――「集まって日が暮れても、話しがかんじんのことにふれず、小細工ばかりしたがる。しまつがわるいな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「日がな一日寄りこぞっていながら、話題が一度も道徳問題に触れず、鼻先の才覚さいかくばかりを得意がるとは、やっかいなことかな。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「朝から晩までおおぜい集まっていながら、話が道義にふれず、小ざかしいことをやって得意になっているようでは、見込みなしだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 群居 … 大勢が寄り集まる。集まって一緒にいる。「羣」は「群」の異体字。
  • 義 … 道義。道徳。まともなこと。
  • 小慧 … 小ざかしい智恵。猿知恵。
  • 難矣哉 … 難しいことだなあ。し難いなあ。どうにもならないことだなあ。困ったことだなあ。
  • 矣哉 …「(なる)かな」と読み、「~だなあ」「~であることよ」と訳す。感嘆の意を示す。「矣」「矣夫」「矣乎」も同じ。
補説
  • 小慧 … 『集解』に引く鄭玄の注に「小慧は、小小の才知をうなり」(小慧、謂小小之才知)とある。『集注』に「小慧は、私智なり。言、義に及ばざれば、則ち放辟ほうへきじゃの心しげく、好みて小慧を行えば、則ち険を行い倖をもとむるの機熟す」(小慧、私智也。言不及義、則放辟邪侈之心滋、好行小慧、則行險僥倖之機熟)とある。「放辟ほうへきじゃ」とは、勝手気ままに悪い行いをすること。
  • 難矣哉 … 『集解』に引く鄭玄の注に「難いかなは、ついに成ること無きを言う」(難矣哉、言終無成)とある。『集注』に「難いかなとは、其の以て徳に入ること無くして、将に患害有あらんとするを言うなり」(難矣哉者、言其無以入德、而將有患害也)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ燕朋えんほうの害を言えるなり」(此言燕朋之害也)と言う。「燕朋」とは、馴れ馴れしく遠慮しない友人のこと。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「是れ必ず当時のけいたいを指して之を言う」(是必指當時卿大夫言之)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十