>   論語   >   衛霊公第十五   >   14

衛霊公第十五 14 子曰躬自厚而薄責於人章

393(15-14)
子曰。躬自厚而薄責於人。則遠怨矣。
いわく、みずかあつくして、うすひとむれば、すなわうらみにとおざかる。
現代語訳
  • 先生 ――「自分を重く責め、他人は軽くとがめれば、うらまれなくてすむ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「自分を責めることにきびしくて、他人を責めることがゆるやかであれば、人に怨まれることはないものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 躬自 … 「躬」「自」は、ともに自分自身の意。
  • 躬自厚 … 自分自身を厳しく責めること。「厚」の下に「責」の字があるものとして解釈する。
  • 薄責於人 … 他人に対してあまり深く責めず、寛大に接する。
  • 遠怨 … 他人から怨まれることが少なくなる。怨みごとから遠ざかる。
補説
  • 躬自厚 … 孔安国の注に「己を責むること厚し」(責己厚)とある。伊藤仁斎は「自ら治むること厚くして、人を責むること薄き者は……」(自治厚、而責人薄者……)と言っており、「自分の身を治めることを厚くする」と解釈している。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。これに対し、荻生徂徠は「責」の字を補うのが古来相伝の説であるとし、仁斎の説を真っ向から否定している。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十