>   論語   >   衛霊公第十五   >   15

衛霊公第十五 15 子曰不曰如之何如之何者章

394(15-15)
子曰。不曰如之何。如之何者。吾末如之何也已矣。
いわく、これ如何いかんせん、これ如何いかんせんとわざるものは、われこれ如何いかんともすることきのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「『どうしようか、こうしようか。』といわない人は、わしにもどうしようもないだろうよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「どうしたらいいか、どうしたらいいか、とつねにみずからに問わないような人は、私もどうしたらいいかわからない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 如之何 … 「どうしようか。どうしたらよかろうか」と常に疑問をいだき、熱心にその問題解決を求めること。「如何」は、「~をいかん(せん)」と読む。目的語がある場合は「如~何」と、目的語を間にはさむ。
  • 末如之何 … どうしてやりようもない。「末」は「無」に同じ。
  • 也已矣 … 「のみ」と読む。強い断定をあらわす助辞。「也已」よりも強い。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十