>   論語   >   衛霊公第十五   >   9

衛霊公第十五 9 子貢問爲仁章

388(15-09)
子貢問爲仁。子曰。工欲善其事。必先利其器。居是邦也。事其大夫之賢者。友其士之仁者。
こうじんすことをう。いわく、こうことくせんとほっせば、かならにす。くにるや、たいけんなるものつかえ、じんなるものともとす。
現代語訳
  • 子貢が人の道のふみかたをきく。先生 ――「しごとをうまくやるには、まず道具をよくする。どこの国に住んでいても、そこの家老のかしこい人につかえ、そこの家来のよくできた人とつきあうこと。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢が仁を行なう道についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「大工はよい仕事をやろうと思うと、必ずまず自分の道具を鋭利にする。同様に、仁を行なうには、まず自分の身を磨かなければならない。それには、どこの国に住まおうと、その国の賢大夫を選んでこれに仕え、その国の仁徳ある士を選んでこれを友とするがよい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 工 … 大工。
補説
  • 友其士之仁者 … 『義疏』では「友其士之仁者也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十