>   論語   >   衛霊公第十五   >   8

衛霊公第十五 8 子曰志士仁人章

387(15-08)
子曰。志士仁人。無求生以害仁。有殺身以成仁。
いわく、志士しし仁人じんじんは、せいもとめてもっじんがいすることし。ころしてもっじんすことり。
現代語訳
  • 先生 ――「しっかりした人、なさけぶかい人は、いのちおしさに人の道をすてず、身を殺しても人の道を守ることがある。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「志士仁人は生を求めて仁を害することがない。かえって身を殺して仁を成しとげることがあるものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 志士 … 学問や修行に志す人。
  • 仁人 … 徳のあるりっぱな人。
  • 求生 … 命が惜しいために。
  • 以 … 「而」に同じ。
  • 害仁 … 仁徳をそこなう。
  • 殺身 … 命を捨てる。
  • 成仁 … 仁徳を完成させる。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十