>   論語   >   衛霊公第十五   >   34

衛霊公第十五 34 子曰民之於仁也章

413(15-34)
子曰。民之於仁也。甚於水火。水火吾見蹈而死者矣。未見蹈仁而死者也。
いわく、たみじんけるや、すいよりもはなはだし。すいわれみてするものる。いまじんみてするものざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「人民にはなさけが、水や火よりもだいじだ。水や火にはとびこんで死んだ人を見かけたが、なさけにとびこんで死んだ人はまだ見ないな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「水と火は人民日常生活の必要物で、これなくしては一日片時も生存し得ないが、仁を失ったら人の人たるゆえんがなくなり、生きがいのないことになるのだから、仁の方が人間にとって水や火よりも大切である。その上、水や火は生きるために必要ではあるけれども、時には水の底、火の中にみ込んでおぼれ死に焼け死ぬ者をも見ることだが、わしはまだ仁の道を踏んで死んだ者を見たことがない。それだのに人はなぜ仁におもむくことをためらうのであろうか。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「人民にとって、仁は水や火よりも大切なものである。私は水や火にとびこんで死んだものを見たことがあるが、まだ仁にとびこんで死んだものを見たことがない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 民 … 人民。
  • 仁 … 心の徳。
  • 民之於仁也 … 人民と仁との関係は。人民が仁を必要とする点においては。
  • 甚於水火 … 水と火よりもさらに大切である。「於」は「~より(も)」と読む。比較を示す助字。
  • 蹈 … 「踏」に同じ。踏み込む。はまる。命を賭ける。殉じる。
補説
  • 民之於仁也、甚於水火 … 『集解』に引く馬融の注に「水火及び仁は、皆民の仰ぎて生ずる所の者なるも、仁最も甚だしと為す」(水火及仁、皆民所仰而生者、仁最爲甚)とある。
  • 水火吾見蹈而死者矣、未見蹈仁而死者也 … 『集解』に引く馬融の注に「水火を蹈みて或る時は人を殺す。仁を蹈みて未だ嘗て人を殺さず」(蹈水火或時殺人。蹈仁未嘗殺人)とある。
  • 『集注』に「民の水火に於ける、頼りて以て生くる所、一日も無かるべからず。其の仁に於けるも亦た然り。但だ水火は外物なれども仁は己に在り。水火無ければ、人の身を害するに過ぎず、而れども仁ならざれば則ち其の心を失う。是れ仁は水火よりも甚だしきこと有りて、もっとも以て一日も無かるべからざるなり。いわんや水火は或いは時有りて人を殺すも、仁は則ち未だかつて人を殺さず。亦た何をかはばかりて為さざらんや。李氏曰く、此れ夫子の人に仁を為すを勉めしむるの語なり、と。下章も此にならう」(民之於水火、所賴以生、不可一日無。其於仁也亦然。但水火外物而仁在己。無水火、不過害人之身、而不仁則失其心。是仁有甚於水火、而尤不可以一日無也。況水火或有時而殺人、仁則未嘗殺人。亦何憚而不爲哉。李氏曰、此夫子勉人爲仁之語。下章放此)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ聖人人の常に能く其の為し難き所の者を為して、而して仁に於いて反ってたん怯縮きょうしゅくして、敢えて為さざるを怪しみて之を歎ずるなり。けだし一旦感激して、身を殺す者は易く、従容自得、身を殺して以て仁を成すに至りては、則ち至誠惻怛そくだつ、中心より発する者に非ざれば則ち能わず。所以に曰く、未だ仁をみて死する者を見ざるなり」(此聖人怪人常能爲其所難爲者、而於仁反畏憚怯縮、不敢爲而歎之也。蓋一旦感激、而殺身者易、至於從容自得、殺身以成仁、則非至誠惻怛、發於中心者則不能。所以曰、未見蹈仁而死者也)と言う。「畏憚」は、おそれはばかること。「惻怛」は、いたみ悲しむこと。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「王弼おうひつ云う、民の仁に遠ざかるは、水火より甚だし。水火をむ者有るを見る。未だかつて仁を蹈む者を見ざるなり、と。仁斎之を用う。然れども語意を詳らかにするに、くのごとくならず。馬融曰く、水火及び仁は、皆民の仰ぎて生くる所の者にして、仁最も甚だしと為す、と。之を得たり。けだし言う民の仁政に於けるや、水火よりも甚だし。何の故ぞや。水火をば吾んで死する者を見る。未だ仁を蹈んで死する者を見ざるなり。うべなるかな。是れ孔子の意のみ。仁にして蹈むと曰うは、水火を蹈むよりしてきたるなり。朱子以て学者の事と為す。なり。に身を殺して仁を成すということ無からんや。民とは君に対するの辞、故に仁は仁政を謂うなり」(王弼云。民之遠於仁。甚於水火。見有蹈水火者。未嘗見蹈仁者也。仁齋用之。然詳語意。不若是焉。馬融曰。水火及仁。皆民所仰而生者。仁最爲甚。得之。蓋言民之於仁政也。甚於水火。何故也。水火吾見蹈而死者矣。未見蹈仁而死者也。宜哉。是孔子之意已。仁而曰蹈。由蹈水火而來也。朱子以爲學者事。非也。豈無殺身而成仁乎。民者對君辭。故仁謂仁政也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十