>   論語   >   衛霊公第十五   >   7

衛霊公第十五 7 子曰可與言而不與之言章

386(15-07)
子曰。可與言。而不與之言。失人。不可與言。而與之言。失言。知者不失人。亦不失言。
いわく、ともうべくして、これわざれば、ひとうしなう。ともうべからずして、これえば、げんうしなう。しゃひとうしなわず、げんうしなわず。
現代語訳
  • 先生 ――「話しあってよい人と話さないのは、人をムダにする。話さないがよい人と話すと、ことばがアダになる。チエ者は人をムダにせず、ことばもアダにしない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「ともに語るに足る人に会いながら、その人と語らなければ人を失うことになる。ともに語るに足りない人に会って、みだりにその人と語れば言葉を失うことになる。知者は人を失わないし、また言葉を失わない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 可与言 … 語るに足る人物であるとわかっていながら。
  • 失人 … その人を逃してしまうことになる。
  • 失言 … 失言の過ちを犯す。
補説
  • 而不与之言 … 原文に「之」の字はないが、集注本等にはあるので補った。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十