>   論語   >   憲問第十四   >   17

憲問第十四 17 子路曰桓公殺公子糾章

349(14-17)
子路曰。桓公殺公子糾。召忽死之。管仲不死。曰。未仁乎。子曰。桓公九合諸侯。不以兵車。管仲之力也。如其仁。如其仁。
子路しろいわく、桓公かんこうこうきゅうころす。しょうこつこれし、かんちゅうせず。いわく、いまじんならざるかと。いわく、桓公かんこう諸侯しょこうきゅうごうし、兵車へいしゃもってせざるは、かんちゅうちからなり。じんかんや、じんかんや。
現代語訳
  • 子路がいう、「桓(殿)さまが若殿の糾(キュウ)を殺したとき、召忽(ショウコツ)はそのために死んだのに、管仲は死にませんでした。すると、不人情ですね。」先生 ――「桓(殿)さまが殿さま連をまとめるのに、武力を用いなかったのは、管仲の手がらじゃよ。あれも人情。あれも人情。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子路がせい桓公かんこうこうきゅうを殺したときしょうこつは義を守って死しかんちゅうは死せざるのみならず君のあだの桓公につかえたのをその意を得ずとして「管仲は仁とは申せますまい。」とおたずねしたところ、孔子様がおっしゃるよう、「当時周の王室がおとろえて諸侯服せず、てきしんにゅうして中国危からんとした際、桓公が武力を用いず血を流さずして諸侯を連合させ、尊王そんのうじょうを実行して天下の人民をあん休息させたのは、全く管仲補佐の功績である。たとい公子糾のために死ななかった小過失はあろうとも、天下を平らかにし万民を安んじた偉大な仁にだれが及ぼうや、誰がその仁に及ぼうや。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子路がいった。――
    せい桓公かんこうこうきゅうを殺した時、しょうこつは公子糾に殉じて自殺しましたのに、かんちゅうは生き永らえてかえって桓公の政をたすけました。こういう人は仁者とはいえないのではありますまいか」
    先師がこたえられた。――
    「桓公が武力を用いないで諸侯の連盟に成功し、てきの難から中国を救い得たのは、全く管仲の力だ。それを思うと、管仲ほどの仁者はめったにあるものではない。めったにあるものではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 桓公 … 斉の君主。在位前685~前643。名は小白。管仲を宰相に抜擢し、春秋最初の覇者となった。ウィキペディア【桓公 (斉)】参照。
  • 公子糾 … 桓公の兄弟。桓公の庶兄しょけい(妾の子で兄)ともいう。母は魯の女。
  • 召忽 … 斉の大夫。公子糾の臣。管仲の同僚。公子糾が桓公に殺されたため、殉死した。
  • 管仲 … ?~前645。せいの宰相。管は姓。名は夷吾いご、仲はあざな。『管子』の著者。ウィキペディア【管仲】参照。
  • 九合 … 糾合。多くの人を寄せ集めること。
  • 不以兵車 … 武力を用いない。
  • 力 … 功績。
  • 如其仁 … 誰が管仲の仁徳に及ぶものがあろうか。
補説
  • 桓公殺公子糾 … 『集解』に引く孔安国の注に「斉の襄公立ちて常無し。鮑叔牙曰く、君民を使うに慢なり。乱まさおこらんとす。公子小白を奉じてきょに出奔す。襄公の従弟公孫無知、襄公を殺す。管夷吾・召忽は公子糾を奉じて魯に出奔す。斉人無知を殺す。魯は斉をちて、子糾をる。小白きょより先に入る。是を桓公と為す。乃ち子糾を殺す。召忽之に死す」(齊襄公立無常、鮑叔牙曰、君使民慢。亂將作矣。奉公子小白出奔莒。襄公從弟公孫無知殺襄公。管夷吾召忽奉公子糾出奔魯。齊人殺無知。魯伐齊、納子糾。小白自莒先入。是爲桓公。乃殺子糾。召忽死之)とある。
  • 九合 … 『集注』に「九は春秋伝に糾に作る。督なり。古字通用す」(九春秋傳作糾。督也。古字通用)とある。「督」は全体を率いること。
  • 不以兵車 …『集注』に「兵車を以てせずとは、威力を仮らざるを言うなり」(不以兵車、言不假威力也)とある。
  • 如其仁 … 「いかんぞ其れ仁ならん」と反語に読み、「どうして仁者であろうか、いや仁者とはなし得ない」と解釈する説もある。詳しくは狩野直喜博士「孔子と管仲」参照。『集解』に引く孔安国の注に「誰か管仲の仁にかんや」(誰如管仲之仁)とある。『集注』に「其の仁にかんやとは、誰か其の仁にく者あらんやと言う。又た再言するは以て深く之を許す。けだし管仲未だ仁人たるを得ずと雖も、而れども其のたく人に及べば、則ち仁の功有り」(如其仁、言誰如其仁者。又再言以深許之。蓋管仲雖未得爲仁人、而其利澤及人、則有仁之功矣)とある。
  • 『集注』に「春秋伝を按ずるに、斉の襄公無道。鮑叔牙は公子小白を奉じてきょはしる。無知襄公を弑するに及び、管夷吾・召忽、公子糾を奉じて魯に奔る。魯ひと之を納れんとするも、未だ克たずして、小白入る。是を桓公と為す。魯をして子糾を殺さしめて、管・召を請う、召忽之に死し、管仲囚われんことを請う。鮑叔牙、桓公に言い、以てしょうと為す。子路、管仲の君を忘れあだに事え、心を忍にし理を害するは、仁と為すを得ざるを疑うなり」(按春秋傳、齊襄公無道。鮑叔牙奉公子小白奔莒。及無知弑襄公、管夷吾召忽、奉公子糾奔魯。魯人納之、未克、而小白入。是爲桓公。使魯殺子糾、而請管召、召忽死之、管仲請囚。鮑叔牙言於桓公以爲相。子路疑管仲忘君事讎、忍心害理、不得爲仁也)とある。
  • 伊藤仁斎は「管仲、子糾の難に死せずして、遂に桓公に事えて之をたすく。子路其の仁ならざるを疑いしはもとよりなり。然れども管仲の子糾に於ける、弐心を挟みて以て功をもとむるに非ざるなり。かつて桓公を射て、其の鈎につ。其の子糾の為にし所以ゆえんの者、亦た尽くす。其の事のうるに及びて、生をぬすむの名を避けず、遂に桓公をたすけて、以て天下をただす。故に夫子其の当に死すべきといなとを論ぜず、但だ九合の功を挙げて、以て其の仁を称す。何となれば其の能く王法を修挙しゅうきょし、風俗を輓回ばんかいし、利沢恩恵、遠く天下後世にこうむれば、則ち其の徳たる甚だ大なればなり。故に其の仁にかんや、其の仁にかんやと曰う。けだし仁は大徳なり、慈愛の心頃刻けいこくも忘れざるに非ざれば、則ちまことに許すべからず。而して世をすくい民を安んずるの功、能く天下後世にこうむれば、則ち亦た以て之を仁と謂うべし。故に孟子、伯夷・いん・柳下恵、百里の地に君とし、みな能く諸侯をちょうせしめ、天下をたもつを以て、仁と為す、是れなり。此れ高第の弟子と雖も、其の仁を許さずして、かえってちゅうに於いて之を許す所以ゆえんなるか」(管仲不死於子糾之難、而遂事桓公而相之。子路疑于其不仁固也。然管仲之於子糾、非挾貮心以徼功也。嘗射桓公、中其鈎。其所以爲子糾者、亦盡矣。及其事卒也、不避偸生之名、遂佐桓公、以匡天下。故夫子不論其當死與否、但舉九合之功、以稱其仁。何者其能脩舉王法、輓回風俗、利澤恩惠、遠被于天下後世、則其爲德甚大矣。故曰如其仁、如其仁。蓋仁大德也、非慈愛之心頃刻不忘、則固不可許。而濟世安民之功、能被于天下後世、則亦可以謂之仁矣。故孟子以伯夷、伊尹、柳下惠、君於百里之地、皆能朝諸侯、有天下、爲仁、是也。此所以雖高第弟子、不許其仁、而反於仲許之歟)と言う。「頃刻」は、しばらく。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』には、この章の注なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十