>   論語   >   衛霊公第十五   >   2

衛霊公第十五 2 子曰賜也章

381(15-02)
子曰。賜也。女以予爲多學而識之者與。對曰。然。非與。曰。非也。予一以貫之。
いわく、や、なんじわれもっおおまなびてこれものすか。こたえていわく、しかり。なるか。いわく、なり。われいつもっこれつらぬく。
現代語訳
  • 先生 ――「賜くん、きみはわしを勉強家の物知りだと思ってるのか。」答え ――「ええ。ちがいますか。」――「ちがうなあ。わしは知識にすじをとおしている。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    よ、お前は私を博学多識な人だと思っているのか」
    子貢がこたえた。――
    「むろん、さようでございます。ちがっていましょうか」
    先師――
    「ちがっている。私はただ一つのことで貫いているのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 賜 … 子貢の名。姓は端木たんぼく。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 一以貫之 … 「之」は「一」を強めるための語助の辞。故事成語【一以て之を貫く】参照。
補説
  • 女 … 『義疏』では「汝」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十