>   論語   >   衛霊公第十五   >   1

衛霊公第十五 1 衞靈公問陳於孔子章

380(15-01)
衞靈公問陳於孔子。孔子對曰、俎豆之事、則嘗聞之矣。軍旅之事、未之學也。明日遂行。在陳絶糧。從者病、莫能興。子路慍見曰、君子亦有窮乎。子曰、君子固窮。小人窮斯濫矣。
えい霊公れいこうじんこうう。こうこたえていわく、とうことは、すなわかつこれけり。軍旅ぐんりょことは、いまこれまなばざるなりと。明日めいじつついる。ちんりてりょうつ。じゅうしゃみて、つことし。子路しろいかりてまみえていわく、くんきゅうすることるか。いわく、くんもとよりきゅうす。しょうじんきゅうすればここみだる。
現代語訳
  • 衛の国の霊(殿)さまが陣だてのことを孔先生にきく。孔先生のお答え ――「祭りのおそなえなら、聞いて知っておりますが…。軍のそなえのことは、不案内でございます。」と、あくる日にげだした。陳の土地で食糧がなくなる。供の人たちは弱って、起きあがれない。子路がうらめしそうに、面とむかっていう、「人物でも行きづまるものですか。」先生 ――「人物でも行きづまりはするさ。俗物は行きづまると、取りみだすがね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 衛の霊公が戦陣のことについて先師に質問した。先師がこたえていわれた。――
    「私は祭具の使い方については学んだことがありますが、軍隊の使い方については学んだことがございません」
    翌日先師はついに衛を去られた。――
    ちんにおいでの時に、食糧攻めにあわれた。お伴の門人たちは、すっかり弱りきって、起きあがることもできないほどであった。子路が憤慨して先師にいった。――
    「君子にも窮するということがありましょうか」
    すると、先師がいわれた。――
    「君子もむろん窮することがある。しかし、窮してもとりみださない。小人は窮すると、すぐにとりみだすのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 霊公 … 春秋時代、衛の君主。名は元。在位は前534~前493。ウィキペディア【霊公 (衛)】参照。
  • じん … 陣の古字。戦闘のための軍勢の配置の形。
  • 対 … 目上の人にていねいに答えるときに用いる。
  • 俎豆之事 … 祭具の並べ方などの礼について。
  • 軍旅之事 … 軍事。軍隊。
  • 明日 … 「めいじつ」と読む。「あくる日」の意。「みょうにち」と読むと「あした」の意になる。
  • ちん … 国名。今の河南省淮陽わいよう県を中心とした地にあった小国。春秋時代末にに滅ぼされた。
  • 在陳絶糧 … 陳の国で食糧がなくなった。
  • 従者 … 孔子のともの者。孔子の弟子たちを指す。
  • 病 … 飢えて疲れはてる。
  • 莫能興 … 「よくたつことなし」と読む。「興」は起つ。「莫」は「無」に同じ。「起ち上がることができなかった」と訳す。
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 慍 … 「いかる」「うらむ」と読む。
  • 見 … 「まみゆ」と読み、「お目にかかる」と訳す。
  • 亦 … ~もまた。
  • 窮 … 困窮する。行き詰まる。
  • 乎 … 「か」「や」と読み、「~であろうか」と訳す。疑問の意を示す。
  • 固 … 「もとより」と読み、「もちろん」「いうまでもなく」「もともと」と訳す。
  • 斯 … 「ここに」と読む。「則」に同じ。
  • 濫 … 「みだる」と読む。乱れる。度をこした行いをする。
  • 矣 … 置き字。
補説
  • 君子亦有窮乎 … 『義疏』に「有」の字なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十