>   論語   >   先進第十一   >   22

先進第十一 22 子畏於匡顏淵後章

275(11-22)
子畏於匡。顏淵後。子曰。吾以女爲死矣。曰。子在。回何敢死。
きょうす。顔淵がんえんおくる。いわく、われなんじもっせりとす。いわく、います。かいなんえてせん。
現代語訳
  • 先生が匡(キョウ)の土地で災難のとき、顔淵はみなにおくれた。先生 ――「おまえは死んだかと思ったぞ。」顔淵 ―― 「先生よりさきに、どうして死ねましょう…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がきょうの難にわれた時、顔淵は一行におくれて一時消息不明になっていたが、やっと追いつくと、先師はいわれた。――
    「私は、お前が死んだのではないかと、気が気でなかったよ」
    すると、顔淵はいった。――
    「先生がおいでになるのに、なんで私が軽々しく死なれましょう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 匡 … 衛の国の地名。
  • 畏 … 生命の危険にさらされる。「子罕第九5」参照。
  • 顔淵 … 前521~前490頃。孔子の第一の弟子、顔回。姓は顔、名は回。あざなえんであるので顔淵とも呼ばれた。の人。徳行第一といわれた。孔子より三十歳年少。早世し孔子を大いに嘆かせた。ウィキペディア【顔回】参照。
  • 後 … 一行におくれて消息不明になった。
  • 吾以女為死矣 … 私はお前が死んだものと思ったよ。
  • 女 … 「汝」に同じ。
  • 回 … 顔淵の名。ここでは「わたくし」。
  • 何敢死 … どうして死ねましょう。「何敢」は「なんぞあえて~せん」と読み、「どうして~しようか、~しない」と訳す。
補説
  • 後 … 『集注』に「後は、相い失いて後に在るを謂う」(後、謂相失在後)とある。荻生徂徠は「蓋し闘うなり」(葢鬪也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 女 … 『義疏』では「汝」に作る。
  • 何敢死 … 『集注』に「何ぞ敢えて死せんは、闘に赴きて必ずしも死せざるを謂うなり」(何敢死、謂不赴鬪而必死也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十